平手友梨奈、純粋過ぎる反応に岡田将生大慌て 勝手に続編トークで「私たちで決められるんですか?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の岡田将生、志尊淳、女優の平手友梨奈、森ガキ侑大監督が21日、映画『さんかく窓の外側は夜』(22日公開)の公開前夜祭舞台あいさつに登壇した。

【動画】岡田将生も大慌て? 純粋過ぎる平手友梨奈の反応

 続編を予測させるようなラストとなり、志尊は「終わり方も森ガキさん、含みをもたせちゃって(笑)。続きがあったら、うれしいという思いがある」と話す。続けて「こればっかりは俺たちは決められない」と言うと、岡田は「いや、決められるよ。やるもん」となぜか断言した。突然の宣言に無数のシャッターが切られると、志尊は「言っちゃダメ。まだ、何も決まってない」と苦笑い。

 ここで話題が振られると平手は「私たちで決められるんですか?」と純粋すぎる反応。まさかのリアクションに岡田は「決められない! うそついた!」と大慌てで誤解を解いていた。

 原作は、販売部数が130万部を突破している女性漫画家・ヤマシタトモコ氏による同名のミステリーホラー漫画。岡田が除霊師・冷川理人、志尊は幼いころから幽霊が見える体質に悩まされている書店員・三角康介を演じ、心霊探偵バディを組んだ2人が不可解な連続殺人事件の謎を追うことになっていく。さらに、呪いを操る謎の女子高生・非浦英莉可を平手が演じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事