志尊淳、岡田将生の熱視線に照れる「口説かれてますか?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の岡田将生、志尊淳、女優の平手友梨奈、森ガキ侑大監督が21日、映画『さんかく窓の外側は夜』(22日公開)の公開前夜祭舞台あいさつに登壇した。

【動画】岡田将生の「抱きしめたい」発言に志尊淳が大照れ!

 見どころを問われた岡田は「志尊くんと、心霊探偵バディを組んでやらせてもらった。いかに(志尊演じる)三角くんに支えられていたのかが分かる最後のシーンが好き。三角の人間としての優しさ、温かみが分かるシーンが後半に詰まっている。僕自身、うれしくて、この役を演じられてよかった」と志尊を見つめながらしみじみと口にした。

 その視線を感じた志尊は「これ、口説かれてますか、今? 目線的に『うわっ』となるぐらい口説かれている目線…」と照れる。そんな姿を見た岡田は「これ(アクリルパネル)がなければ、本当は抱きしめたかった」と“愛”を語ると、志尊は「ありがたい」と全身で受け止めていた。

 原作は、販売部数が130万部を突破している女性漫画家・ヤマシタトモコ氏による同名のミステリーホラー漫画。岡田が除霊師・冷川理人、志尊は幼いころから幽霊が見える体質に悩まされている書店員・三角康介を演じ、心霊探偵バディを組んだ2人が不可解な連続殺人事件の謎を追うことになっていく。さらに、呪いを操る謎の女子高生・非浦英莉可を平手が演じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事