【麒麟がくる】あと3回、光秀と信長の溝はますます深まっていく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は、24日に第42回「離れゆく心」を放送。最終回まであと3回。本能寺の変まであと4年と迫っている。予告映像では、光秀が織田信長に叱りつけられた、足蹴にされたという逸話を彷彿とさせるシーンが見られ、クライマックス感を高めている。

【写真】信長と光秀の緊迫したシーン

 主人公・明智光秀(長谷川博己)は、依然、丹波を攻略中。一方、毛利攻めの副将である荒木村重が信長(染谷将太)に反旗をひるがえす。必死に説得をする中で、この終わりの見えない全ての戦が、武士の棟梁たる将軍の復権に繋がっていると悟った光秀は、義昭(滝藤賢一)が追放された鞆の浦へ足を運ぶ。室町幕府は崩壊していたが、義昭は朝廷から任命された“将軍職”を剥奪も返上もしていないため、将軍であり続けていたのだ。

 そこで見たのは、釣竿を垂らす暮らしをしているかつての将軍・義昭の姿だった。一緒に京に帰ろうと促す光秀に、義昭は「そなた一人の京ならば考える」と告げる。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事