武田真治、インフルエンザから回復 ミュージカル出演へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフルエンザに感染し、療養していた俳優の武田真治(48)が、17日の夜公演から出演を見合わせていたミュージカル『パレード』に23日の夜公演から復帰することが、同作のホームページで発表された。

【写真】スタイル抜群!武田真治と結婚したモデル・静まなみ

 「お知らせ」と題したホームページでは「1月17日(日)より休演しておりました武田真治さんですが、体調が回復しており、医療機関より復帰の許可をいただきましたので、本日1月23日(土)18時の回より舞台に出演いたします」と武田の復帰を伝えた。

 武田は2日、新型コロナウイルスに感染していることが判明。そのほかにも、公演関係者の陽性が確認され、15日に開幕を控えていた『パレード』(15~31日、東京芸術劇場プレイハウス)は初日を延期、15日の昼公演から17日の昼公演までの計4公演が中止となっていた。

 17日には、ミュージカルのサイトで「1月17日公演から出演を予定しておりました武田真治さんは、昨日1月16日に発熱がみられたため医療機関で診察を受けたところ、インフルエンザに感染していることがわかりました」と伝えられていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事