香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ東京系で25日にスタートする新ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(毎週月曜 後10:00)の主演として、5年ぶりに民放ドラマに出演する香取慎吾。テレビ東京のドラマ出演は1988年の『あぶない少年III』以来33年ぶりとなる。

【写真】第1話の主なシーン

 「33年ぶりって(笑)、最高の冗談だと思っています。“テレ東ドラマ初出演”なんじゃないか、と思って念のため確認したら、33年前に出ていた(笑)。僕自身、『あぶない少年III』はアイドル・バラエティーで、その中でお芝居をしたり、歌ったり、そういうことを小学生の頃にしていたな、という認識でしたから。実は、ドラマに分類されていた。本当は初って言いたいけど、嘘はつけないですもんね」

 “あぶない少年”は、それから30年以上にわたってアイドルとして第一線で活躍し続け、アート作品の表現者としてもキャリアを積み、40代に。そんな香取を主演に迎えて描くのは、SNSでの誹謗中傷によるトラブルや事件の解決に取り組む、警視庁の架空の専門部署「指殺人対策室」=指対(ゆびたい)の刑事・万丞渉(ばんじょう・わたる)の活躍を描くクライムサスペンス。万丞をはじめクセの強い「指殺人対策室」のメンバーたちが、アノニマスに怯える被害者たちのために奔走。思いもよらない事件に巻き込まれていきながらも、顔の見えない犯罪者=アノニマスを暴き、その裏にある事件の真相を見つけ出していく。現代の日本の社会がかかえる闇に深く切り込んでいくオリジナル作品だ。

 「SNS上の誹謗(ひぼう)中傷を題材にしたドラマを一緒に作りませんか、とおはなしをいただいて、『ぜひ、やらせてください!』と思いました。僕はアイドルとして、ファンタジーの世界で生きている部分もありますし、そもそもストレートな問題提起をするタイプではないのですが、約3年前にSNSを始めて、少しずつやってみて、わかってきたこともあって。世界中でいろんな問題が起きていること、コミュニケーションツールとして進化もしていることなども感じています。ドラマなのであくまでもフィクションですし、指殺人対策室のようなものは現時点では実在しないわけですが、今を知るとか、そう遠くない将来にこういう部署ができるんじゃないかとか、こうしたら未来がもっとよくなるんじゃないかとか、そういうことを、リアリティを持って考えることができる。それもフィクション、ドラマが持っている力だと思うし、そういうお仕事が久しぶりにできるということに、ワクワク、ドキドキしています」

■俳優・香取慎吾の新しい一面を

 香取にとって、SNSは「怖い」ところもあるが、「愛のある場所」だという。もちろん、心無いコメントもゼロではない。「僕は、どちらかというと耐えられるんですけど、耐えられると思っていても、自分のコンディションなのか、ふとしたときにやっぱり引っかかることもあるから、SNSって怖いな、と思いますね。耐えられない人にはとてもつらいことだと思う。平気だよって言っている僕でもそういう時があるから。でも、それ以上に、応援してくださる皆さんとつながりたい、明るい未来を一緒に生きたい、と思わせてくれる場所でもある。実際、楽しいですし、愛のある場所だと思っています。芯にその気持ちを忘れずに持っていれば、相手もわかってくれると思うし、そこはどこか通じあえているのかな、って思っています」

 SNSで何か発信する時は「ボタンを指で押した瞬間に、自分のことをわかってくれているファンだけじゃなく、世界中の人が見ようと思ったら誰でも見ることができること、自分のつぶやきなんだから勝手でしょ、じゃすまない、ということを意識しています。それに、文章を書く時は必ず、これを読んでくれるであろうファンのことを思って書いています」と、心がけを語っていた。

 本作の主人公の万丞は、捜査一課で鋭い洞察力を発揮していたが、ある事件をきっかけに第一線から外され、指殺人対策室に異動してきた。そこもミステリアスで、過去に何があったのかも見どころ。

 「脚本に描かれていないところを知りたくなるような役。僕が視聴者であってもすごく興味が湧く役ですね、普段どんな生活をしているのか、どんな家に住んでいるんだろうか、など、いろいろ想像したくなる。指殺人対策室のほかのメンバーがわちゃわちゃしているところに万丞が現れると、一瞬ピリッとするんですね。明るくて面白いキャラクターじゃないところも、演じていて新鮮だな、って思っています」

 SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事という、俳優・香取慎吾の新しい一面が見られそうだ。

■番組情報
1月25日スタート、毎週月曜 後10:00
出演:香取慎吾
関水渚、MEGUMI、清水尋也/山本耕史、シム・ウンギョン(特別出演)、勝村政信
地上波放送終了後、動画配信サービス「Paravi」「ひかりTV」で配信

■公式ホームページ
https://www.tv-tokyo.co.jp/anonymous/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事