YOSHIKIの音楽ドキュメンタリー番組、Disney+で2・5全米初公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国のディズニー公式動画配信サービス・Disney+にて、日本国内で昨年秋から配信が始まったX JAPANのリーダー・YOSHIKIの音楽ドキュメンタリー番組『Disney MY MUSIC STORY YOSHIKI』が、2月5日より全米で初公開されると発表された。

【動画】ドキュメンタリーティザー映像 YOSHIKIが演奏するアナ雪も

 本作品では、YOSHIKIがディズニーの名曲である「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」(映画『アナと雪の女王』)と、「愛を感じて」(映画『ライオン・キング』)を独自にアレンジし演奏している。さらに、自ら作曲した「Endless Rain」「Without You」「River Of The Light」のパフォーマンスや、 LAハリウッドのスタジオで行われたレコーディングや編曲の舞台裏などが垣間見られる貴重な映像も収録されている。

 過去に海外の制作チームが手掛けたドキュメンタリー映画『WE ARE X』がアメリカでも大きな話題となった。今回、日本で制作された作品にも関わらず、全編英語字幕が付き、本国の配信リストにラインナップされることは極めて異例。またDisney+では、スター・ウォーズやアベンジャーズなどの世界的な大作が配信されており、本番組はそれらの有名作品と肩を並べる快挙を成し遂げた。

 YOSHIKIは「過去に公開された『WE ARE X』や、最近制作されている映画とは違い、全編ほぼ日本語の作品である『Disney MY MUSIC STORY YOSHIKI』が今回アメリカで公開になるということに、少し驚いています」とし、「これも、日本をはじめ世界中のファンの皆さんが、日頃から応援してくれているおかげだと思っています。 とても感謝しています。是非多くの方々に見ていただけるとうれしいです」と呼び掛けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事