【おちょやん】第38回見どころ 片金所長は千代や小暮とどんな話しを?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。27日放送の第8週・第38回の見どころは?

【写真】小暮(若葉竜也)にあることを告げる片金(六角精児)

 千代(杉咲花)が臨んだ新作映画「鳥籠」の主演選考会の結果は“合格者なし”だった。その裏で鶴亀撮影所のスポンサー令嬢の滝野川恵が主演に決まったことを知る千代。そのことに激怒したテルヲ(トータス松本)は、社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)につかみかかるが、所長の片金(六角精児)に返り討ちにあう。気を取り直し、カフェーで開催されるビール月間で売り子1位を目指す千代。その矢先、店の前にガラの悪い連中が・・・。

 また、父親から戻ってくるように、と手紙をもらい、「これがダメだったら監督になる夢はあきらめる」と言っていた小暮の脚本はどうなるのか、気になるところだ。

 本作は、大正から昭和にかけて活躍し、「大阪のお母さん」として親しまれ、上方女優の代名詞とも言われた浪花千栄子さんをモデルに、ヒロイン・竹井千代(主演:杉咲花)の波乱万丈な半生を、『半沢直樹』(2013年)などの脚本家・八津弘幸氏がオリジナルで描く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事