松坂桃李、渾身の一発芸を披露 『TOKIOカケル』9回目の登場「実家のような安心感」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の松坂桃李が、27日放送のフジテレビ系バラエティ『TOKIOカケル』(毎週水曜 後11:00)に出演。2013年8月21日の放送回から今回で9回目の登場となり、もはや“準レギュラー”ともいえる松坂は「(この番組は)実家のような安心感がある」とリラックスムード。長瀬智也から「一発芸をやるとしたら?」と問われると、真剣に考え始め、その期待に応えるべく渾身の一発芸にチャレンジする。

【写真】結婚を祝福され笑顔で頭を下げる松坂桃李

 TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をゲストにぶつける企画『生まれてはじめて聞かれました』では、長瀬から「仕事とプライベートの両立はどうしているか?」と質問が。映画やドラマの撮影に入ると仕事のオンオフが難しくなるという長瀬の悩みに、松坂も共感。しかし、ある過去の経験がきっかけで、最近は「今は家に帰ったら完全にオフ」を意識していることを明かす。

 また、オフの時間は生田斗真、岡田将生らとオンラインゲームをして過ごすという松坂。豪華な俳優陣のプライベートにTOKIOも興味津々。さらに、昨年はリモート飲み会をする機会もあったといい、あるお笑い芸人をマネてドッキリを仕掛けたそう。TOKIOが「桃李くんらしい!」と笑う、素顔が垣間見られるエピソードが明かされる。

 他にも、国分太一が「2020年、まちがいさがししませんか?」と提案。国分のお気に入り曲、菅田将暉の『まちがいさがし』にちなんだ企画で、菅田がゲスト出演した際に実施した。自身の失敗、“まちがいエピソード”を語ってもらい、自分のタイミングでボタンを押すと曲が流れるので切ない表情を浮かべるという内容だ。

 今回は2020年を振り返り、最も印象的だった“まちがいエピソード”を披露する。松坂は“撮影後のホッとした瞬間に起きた切ない話”を明かす。一方、長瀬は“無防備な状態での失敗談”を語る。スタジオ中から「コロナ禍だからやっちゃうよね」「同じような経験の人、多そう」と同情の声があがっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事