新庄剛志氏、希望の肩書きは“宇宙人” 歯の入れ替え理由明かす「八重歯を作りたくて」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年に48歳でプロ野球現役復帰に挑み、話題となった新庄剛志氏(49)が28日、都内で行われたファミリー引越センターの広告イメージキャラクターキャスティング記者発表会に参加。昨年12月に行われた12球団合同トライアウトを受験するもオファーなく、現役復帰を断念している新庄氏は自身の肩書きについて「宇宙人でいいんじゃないの」と豪快に語った。

【写真】サプライズで贈られたケーキにかぶりつく新庄剛志

 昨年12月に行われた12球団合同トライアウトを受験するもオファーなく、現役復帰を断念している新庄氏は再挑戦について「ない」と明言。今後の活動にも言及し「タレントではないけど、そういう活動はしたい。オファーも来るでしょ(笑)。俺みたいな人間がテレビに出て、面白いことを言って、アホをやって、元気になってもらえればうれしい」とにっこり。監督業や臨時コーチなど球界に再度関わることにも意欲を見せ「野球が大好きなので。なんらかの形で話が来てくれたら」と口にした。

 マルチに活躍するため、肩書きについて問われると新庄氏は「宇宙人でいいんじゃないの(笑)。肩書きがわからない。なんだろう。タレントでもない、スポーツ選手でもない」と苦笑いしながら「誰かがつけてくれるでしょ」とらしく口にした。

 また、インスタグラムで、歯の入れ替えを明かしているが、この理由を問われると「秘密の八重歯」と歯を指差した。「八重歯を作りたくて。先生に聞いたら『難しい』と。『なんとか作ってください』と言って、八重歯を作ってもらいました。10日前ぐらいかな。最高です」と白い歯を輝かせた。「24歳の時に、最初に白い歯にしたのが僕。それで、今、はやってるじゃないですか。今度もはやるかなって」と冗談交じりに話すと「たぶんはやらない。面倒くさい」と自虐的にネタにしていた。

 新庄氏は同社のイメージキャラクターに就任。赤いTシャツ姿で太い二の腕をチラ見せする衣装で登場すると「一つ言っていいですか?」と前置きし、「長袖ないですかね…。(バリに住んでいたため)15年間、日本にいなかったから日本の冬が久しぶり。寒いのが苦手で…」と軽いジョークを飛ばして笑わせる。それでも「これ(赤いTシャツ)もらいました」と笑顔でアピールしていた。

 2月1日から放送されるウェブCMでは、生徒に“引っ越しの正解”を教える内容で、教師に扮した自身の姿に新庄は「いい感じでしたね。めちゃくちゃ楽しかった」とご満悦。“初演技”となったがCMを見ると「自分でも言うのもなんですけど、かわいいですね」と照れていた。テイク23まで撮り直したこともバラされ「監督と反りが合わなくて」と話しながら「ヒットを打つ方が簡単」と軽快に語っていた。

 この日は新庄の49回目の誕生日。サプライズで花束とケーキを贈られた新庄は「もう49歳ですよ。49歳で祝ってもらえて、うれしいです」と頬を緩ませた。「サプライズするのは好きなんだけど、されるのは苦手で。いい迷惑ですよ」と言葉とは裏腹に、満面の笑みを見せていた。

 最後は「(引っ越し業者のCMを務める)サンドウィッチマンに勝ちたい。これからは、ファミリー引越センターで!」と呼びかけていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事