舘ひろし、渡さんに捧げる最新作「見てもらいたい。いつも褒めてくれた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の舘ひろし(70)が29日、都内で行われた映画『ヤクザと家族 The Family』の初日舞台あいさつに出席。無事に封切りを迎え、司会から「誰に見てもらいたい?」と質問を受けた舘は「あまり皆さんの前では言いたくないのですが、やっぱり亡くなった渡(哲也)さんに見てもらいたいなと思っております」と語った。

【集合ショット】綾野剛、磯村勇斗ら豪華キャスト陣が登場

 続けて「いつも褒めてくれたんですね。自信を付けようと『ひろし、お前はいいな』って言ってくれると思います」と、ほほ笑みながら「まぁ怒られるかもしれませんけどね」とオチを付けて、笑いを誘っていた。

 また、同様の質問に主演の綾野剛(39)は「いまやっている作品の現場のスタッフ、キャストに見てもらいたい。友人を友人に紹介する、仲間を仲間に紹介するみたいな。そうやっていろんな事がシェアされて、蓄えられて、育まれていったんじゃないかなと思います。自分の愛する仲間たちを、いまの仲間たちに紹介したいですね」と答えていた。

 『日本アカデミー賞』で最優秀作品賞を受賞した映画『新聞記者』(19年)のプロデューサー陣と、藤井道人監督が手掛けるオリジナル作品。99年、05年、19年と変わりゆく3つの時代の価値観で切り取り、男たちの生き様を描いている。自暴自棄になった少年期に、ヤクザの親分から救われ、父子の契りを結ぶ山本(綾野剛)。ときを経て、彼にも愛する家族ができるが、暴力団対策法の施行でヤクザの有り様と男の環境が一変する。組の存続をめぐる戦いがぼっ発し、その戦いに参加することはヤクザであることを貫くことになるが、一方でかけがえのないものを失うという状況を突きつけられていくことになっていく。

 舞台あいさつにはそのほか、磯村勇斗(28)、小宮山莉渚(15)、藤井道人監督(34)が出席した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事