A.B.C-Z、2021年に勝負をかける「Z PROJECT」始動 TAKURO楽曲提供も決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャニーズの5人組グループ・A.B.C-Zがデビュー9周年を迎えた1日、新プロジェクト『Z PROJECT」の始動を発表し、YouTubeで特報動画を公開。今春にGLAYのTAKURO提供の新曲をリリースすることなどが発表された。

【動画】ジャニーさんの言葉を胸に「Z PROJECT」始動

 2012年2月1日にDVDシングル「Za ABC〜5stars〜」でデビューしたA.B.C-Zは、この日9周年を迎えた。1年後の10周年の節目に向け、1日午前0時、YouTubeのポニーキャニオン公式チャンネルで新プロジェクトの始動を告げる特報動画が公開された。

 その内容は『ジャニーズ初のDVDで華々しくデビュー、アクロバットで世間を驚かせつつも、日の目を見ない日々を打破すべく、そして10周年をより素晴らしいもので迎えるため、全身全霊・背水の陣という気持ちで2021年に勝負をかける』というもの。

 動画の最後には、今春にGLAYのTAKURO提供曲をリリースすること、タワーレコードとの通年コラボを行うこと、2022年にキャリア初のベストアルバムを発売することが発表となった。

 タワーレコードとのコラボ第1弾として、男性アイドル初の試みとなる「NO MUSIC, NO IDLE?」ポスターシリーズの展開が決定。CD発売時期やコラボ企画のスタートタイミングなどは改めて発表される。

 「Z PROJECT」の情報を発信するツイッターのアカウント「A.B.C-Z【Z PROJECT】」(@abcz_zprojectpc)も開設された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事