『半妖の夜叉姫』犬夜叉の娘VS弥勒の息子 合戦が勃発 【第19話】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『犬夜叉』の新たな物語を描くテレビアニメ『半妖の夜叉姫』(読売テレビ・日本テレビ系 土曜 後5:30~)の第19話場面カット&あらすじが公開された。犬夜叉とかごめの娘で賞金稼ぎのもろはと、弥勒と珊瑚の息子・翡翠率いる退治屋の合戦が勃発する。

【画像】個性的な賞金稼ぎ集団…変なポーズをする犬夜叉の娘

 第19話は、関東管領家に呼び出された翡翠は、姫の愛矢から「合戦に勝利すれば召し抱えにしてやろう」と持ちかけられる。頭の琥珀の不在中に勝手に引き受けた翡翠はせつなに相談。せつなはとわに内緒で荷担することに。合戦相手は賞金稼ぎの一団で、その中にもろはが入っていたからだ。合戦当日、出がけに口を滑らせるもろは。とわはもろはを心配してせつなを探し始めるが、当のせつなは退治屋達と共に合戦場で賞金稼ぎの一団と対峙していた。

 『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』の登場キャラクターである殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインにしたオリジナルストーリー。殺生丸の娘で令和の時代に生きる14歳の女子中学生・とわ、妖怪退治をなりわいにしているとわの双子の妹・せつな、賞金稼ぎでかごめと犬夜叉の娘・もろは、“妖怪と人間の血を引く半妖の少女たち”の物語が展開される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事