『呪術廻戦』東堂、術式解禁 ブラザー・虎杖とともに花御を翻弄 【第20話】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MBS/TBSの“スーパーアニメイズム”枠にて放送中のアニメ『呪術廻戦』の第20話のあらすじ&先行場面カットが公開された。

【画像】ブラザー参上!東堂と連携プレーを見せる虎杖

 26日放送の第20話「規格外」は、花御との戦いに参戦した虎杖と東堂。虎杖が黒閃を決め、東堂との連携プレーで攻め立てていく中、さらに自身の術式を解禁する東堂。超親友(ブラザー)となった虎杖と共に、東堂はトリッキーな術式と
(自称)IQ53万の脳内CPUを持つそのクレバーさで花御を翻弄していくが――。

 同作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画が原作で、ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジー。シリーズ累計発行部数は3000万部を突破している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事