KEIKO「後遺症もなく、元気」活動再開へ意欲つづる 小室哲哉氏と離婚「新たな気持ちと強い決意で」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 globeのKEIKO(48)が26日、音楽プロデューサーの小室哲哉氏(62)と調停離婚が成立したことを報告。2011年にくも膜下出血で倒れて以来、療養を続けているが、所属事務所の公式サイトでは近況と活動再開への意欲もつづられた。

<2008年>ぴったり寄り添う…小室哲哉&KEIKO2ショット

 サイトでは小室氏との離婚を報告するとともに「2011年、くも膜下出血を発症して以来、多くの方々から、沢山のお見舞のお言葉や励ましのお言葉を頂き、その皆様の優しさに助けられ、支えられて頑張ってまいりました。おかげさまで大きな後遺症もなく、元気に日常生活を送っております」と近況をつづった。また、「今後も健康管理に気をつけながら、アーティストとしても皆様に恩返しができるよう、精一杯努力して参ります」としている。

 最後は「新たな気持ちと強い決意で前に進んでいきたいと思っております。今後とも温かく見守って頂けましたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます」と締めくくった。

 KEIKOは2002年に小室氏と結婚。11年にくも膜下出血で倒れ、以降リハビリなど回復に向け小室氏がKEIKOを支えていたが、18年1月に『週刊文春』で小室氏と看護師女性の不倫疑惑が報じられた。直後、小室氏は会見で不倫関係を否定したが、騒動の責任を取る形で音楽業界からの引退を表明。一方でKEIKOとの離婚については当時、否定していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事