『爆笑オンエアバトル』九州で限定復活 プロアマ問わず出場者&審査員募集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1999年3月から2014年まで、NHKで放送されていたお笑い番組『爆笑オンエアバトル』(2010年4月以降は『オンバト+』に改名)。史上最もシビアなネタ見せ番組が、九州限定で復活することになった。3月26日、九州沖縄地方の総合テレビで放送される『爆笑オンエアバトルF』(後10:00)に向け、プロアマ問わず出場者、そしてオンライン審査員を募集している。

【写真】オンバトゆかりの芸人たちが大集合した一枚

 『爆笑オンエアバトル』は、芸人がネタを披露し、一般審査員が「おもしろい」と評価した“選ばれし数組”だけがオンエアを勝ち取るという「ネタ番組」の先駆け的な番組。若き日のタカアンドトシやアンジャッシュ、おぎやはぎなどもこの番組で競い合っていた。

 そんな「オンバト」が、ウィズコロナスタイルで九州限定復活。プロアマ問わず、居住地域も問わず、出場者を募集している。出場希望者は、5分以内のネタを動画で撮影し、インターネットで投稿。そこから勝ち抜いた16組が収録日の3月14日(日)にネタを披露し、当日のオンライン審査員の投票でオンエア8組を決定する。あなたのネタがテレビで披露できるかも。究極の下克上が繰り広げられる可能性もある。応募締め切りは、3月7日。

 オンライン審査員(観覧)希望者もインターネットで募集中。こちらの応募締め切りは3月2日まで。収録は3月14日、午後6時から予定。

■詳しくはホームページに掲載
https://www.nhk.or.jp/fukuoka/onbatof/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事