斎藤工、福島県での五輪聖火ランナー辞退 スケジュールの都合がつかず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の斎藤工(39)が、福島県内を走る予定だった東京五輪の聖火リレーランナーを辞退していたことが2月28日、所属事務所への取材でわかった。

【写真】リアルに変身! 斎藤工、特殊メイクで老爺に変身

 斎藤の事務所によると、東京五輪の延期を受けスケジュールの都合がつかず、昨年のうちに辞退を申し入れていたという。

 芸能人の聖火リレーランナーをめぐっては、福井県が26日、県PRランナーの1人だった歌手の五木ひろしが、スケジュールの都合により参加を辞退したと発表。石川県PRランナーの1人だった女優の常盤貴子も、東京五輪の延期を受けスケジュールの都合がつかず、昨年のうちに辞退を申し入れていたことが明らかになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事