横浜流星『はじこい』枠ドラマに凱旋 “無敵ピンク”から“ミニマリスト男”に 【コメント全文】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の川口春奈、俳優の横浜流星が、4月スタートのTBS系新ドラマ『着飾る恋には理由があって』(毎週火曜 後10:00)に出演することが2月28日、発表された。川口は“着飾る女”真柴くるみ、横浜は、真柴とひょんなことからひとつ屋根の下で暮らすことになる“ミニマリスト男”藤野駿を演じる。

【画像】4月スタート『着飾る恋には理由があって』のビジュアル

 同ドラマは、綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。

 脚本は、昨年放送し社会現象となったドラマ『恋はつづくよどこまでも』を手がけた金子ありさ氏が担当。制作チームには、『MIU404』『わたし、定時で帰ります。』、『アンナチュラル』などのプロデュースを担当してきた新井順子氏、新井氏と多くの作品でタッグを組み、『MIU404』『グランメゾン東京』などを演出してきた塚原あゆ子氏といったメンバーがそろった。

 川口は、同枠ドラマに初出演・初主演を飾り、横浜は『初めて恋をした日に読む話』で、ピンク髪の“ゆりゆり”こと由利匡平を演じて以来、2年ぶりに同枠ドラマへ“凱旋”を果たす。そんな2人から生まれるテンポの良い会話劇で、この春一番の爽やかなラブストーリーを展開していく。

川口春奈
「出演が決まった時は純粋にうれしくて、みんなで一緒にルームシェアするシーンを想像して、撮影が楽しみだなと思いました。横浜さんとは3年ぶりぐらいにお会いするのですが、その時とは違ってお互い歳も重ねて、ちょっと大人な感じのラブストーリーをやれることが感慨深いです。

私が演じる真柴という役柄に対して、監督・プロデューサー含め製作陣のこだわりをすごく感じていて、これから自分が演じていて迷った時にはきっととても頼りになる、心強いチームだなと感じています。

真柴は頑張り屋で少し背伸びしている部分がある、誰かの為に頑張る女性ですが、駿やルームシェアするメンバーと出会って考え方や少し肩の力が抜けていく彼女の姿をしっかり演じていけたらと思います」

横浜流星
「間違いなく僕を大きくしてくれたこの火曜よる10時枠に2年の月日を経て戻ってこられたことがうれしかったです。新井プロデューサー・塚原あゆ子監督の作品も大好きで、いつか一緒にやりたいと思っていて、今回オリジナル作品を作れることは光栄ですし、川口さんとも久しぶりにがっつり共演できるので、楽しみながら作品づくりができたらと思います。

真柴と駿の2人の掛け合いやルームシェアメンバーとの掛け合いが独特で、台本を読んだだけでもすごく面白いなと感じたので、それを見て笑ったりキュンとしたり、愛おしいなと思ってもらえたら幸いです。

駿は僕が今までやったことのないような明るくて自由人で、独特でどこか掴めない男なのですが、チームを信じて魅力的なキャラクターになるよう頑張りたいです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事