雑賀サクラ『Seventeen』2度目の表紙「本当にうれしい気持ちでいっぱい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モデルの雑賀サクラ(さいが・さくら/16)が、きょう1日発売の『Seventeen』4月号(集英社)で桜田ひより、秋田汐梨とともに表紙を飾っている。

【写真】『Seventeen』初登場から異例の速さで表紙に登場!現役高校生の雑賀サクラ

 雑賀サクラは2019年8月に『ミスセブンティーン2019』に選出され、同誌の専属モデルとなる。誌面登場から1年という異例の速さで表紙を飾り、今回は初表紙から半年の早さで2度目の表紙を務めることとなった。

 雑賀は「私の人生の中の大きな一部であり、そして私を成長させてくれる、そのような存在であるSeventeenの表紙を飾らせていただけること、改めて本当にうれしい気持ちでいっぱいです」とコメント。

 「Seventeen編集部の皆様、ファンの皆様から沢山の愛を頂いて成長できています。これからも、皆様から変わらぬ愛を頂けるよう、そしてその愛を何倍にもしてお返しすることができるよう、私自身精進して参ります。とても素敵なSeventeen4月号、ぜひお手に取って頂けるとうれしいです」と今後の意気込みを語っている。

 同誌編集部は「“セブンティーン”になる年ということで、ますますSeventeen誌面で活躍してくれると思っています!ポージングのうまさだけでなく、おしゃれ感度や発信力の高さもあり、ますますJK読者を引っ張っていってくれるモデルになるだろうと期待しかありません」と期待を寄せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事