“プロジェクトリーダー”松本潤、全国の『きのこ・たけのこ』ファンに感謝「みんな愛、届いているよ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・嵐の松本潤が出演する明治『きのこの山』『たけのこの里』の新テレビCM『きのこの山・たけのこの里 国民大調査2020 結果』が2日から放送。昨年9月15日から実施した『きのこの山・たけのこの里 国民大調査2020 ~愛こそニッポンの元気プロジェクト~』のプロジェクトリーダーを務めた松本が、全国からの愛に感謝する。

【動画】松本潤が全国の“きのこ・たけのこ愛”に感謝

 同プロジェクトでは、こんな時代だからこそ「どっちが好きか?」ではなく「どれだけ好きか?」を問い、「愛でニッポンを元気にする」という目標を掲げて「きのこの山」「たけのこの里」に対する愛の深さを調査し、47都道府県ごとに分析。その結果、調査参加者数は30万人を超え、全国のファンがどのような形の愛を持っているのか、より詳細な分析結果は公式サイトにて公開中。

 新テレビCMでは、純白の衣装に身を包んだ松本がプロジェクトに参加したファンへの感謝の気持ちを込めた『愛のお返しキャンペーン』の実施も告知。「本当にありがとう」と再度、参加した人たちへの感謝のコメントともに、最後は「みんなの愛、届いているよ」と満面の笑みで締めくくっている。

 撮影で真っ白な空間の中に登場した松本は、現場に入るとすぐに監督の説明に真剣に耳を傾ける。そして「みんな愛、届いているよ」などの感謝を伝えるシーンの撮影が始まると、瞬き1つせずに真剣なまなざしでせりふを披露。一方、「きのこの山を愛してくれたみんな~!」「たけのこの里を愛してくれたみんな~!」と元気よく叫ぶシーンでは、今までの真剣な表情から一転、終始にこやかに。せりふのテイストによって細やかに表情を変化させるなど、演技へのストイックさも覗かせていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事