岡田健史、『ウチカレ』光役への思いをつづる「役に役者が育てられる、という現象を、身をもって経験できた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の岡田健史が出演する日本テレビ系連続ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(毎週水曜 後10:00)第8話(3日放送)を前に、ドラマ公式ブログに登場した。恋愛小説家の母・碧(菅野美穂)と恋愛に興味のない漫画オタクの娘・空(浜辺美波)の恋の行方を描く今作で空の大学の同級生・入野光を演じる岡田が役への思いをつづっている。

【第8話予告】菅野美穂&浜辺美波“母娘”が運命の男に再会?

 碧と血のつながりがないことを知り傷つく空を気遣い、支えようとする光の姿に多くの反響が集まったが、役作りについて「光の『うそ』を創り出すところから始まった、私と光の関係。これこそが、今までの役と圧倒的に違うポイント」と挙げ、「世の人々が新鮮に感じる原因の一つだと思うんです」と客観視する。

 また、今作で役者としての成長を感じられているという岡田は「役に役者が育てられる、という現象を、身をもって経験できた作品として私の中で生き続けることでしょう。ありがとう、光」と、感謝の気持ちを表す。放送もいよいよ終盤に差し掛かり、撮影も大詰めに。岡田は「さぁ、最後まで駆け抜けます! 皆さま、一緒に駆け抜けましょう!」と改めて気合を入れ直すコメントも寄せた。

 第8話では空の実の父親・一ノ瀬風雅(豊川悦司)と、母娘が対面。事態は思わぬ方向へ転がっていく。一方、光をライバル視する渉(東啓介)は、光に「俺、空ちゃん諦めませんから」と恋の宣戦布告をする。クライマックスに向けて空と光の関係は、どう変化していくのかも大きな見どころとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事