たばこはすべてが“悪”なのか? 喫煙所の減少がもたらす弊害とデバイス&スペースの進化で目指す“共存”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年4月から施行された改正健康増進法に加え、 コロナ禍における3密回避もあいまって、施設の屋内で吸える場所が減り、 喫茶店や居酒屋も禁煙とされるところが多くなった。喫煙所の減少に伴い、特に屋外では利用者が喫煙スペースから溢れ出ているなどの問題も生まれている。一方を切り捨てた結果が、新たな問題を生んでいると言えるだろう。そんな中、喫煙者・非喫煙者の共存の道を探る動きも出ている。低温加熱式たばこなどのデバイス、高機能システムを活用した喫煙スペースの進化だ。それらが目指す、共存の道とは?

【写真】「あのコは誰?」美人すぎる海外モデルが話題、 JTのアノCM

■加熱式たばこのシェアが全体の3割まで拡大も…“嫌われ者”であることに変わりなく

 日本で、喫煙マナー向上やたばこのにおいへの抵抗意識が大きく高まったのは、東京都千代田区の『安全で快適な千代田区の生活環境の整備に関する条例』が出された 2002年 ころからと言われている。いわゆる“路上喫煙禁止”をうたった条例だ(当時は歩きたばこの“火”が危険だからという理由の方が大きかった)。他の区や全国の自治体もそれにならい、続々と屋外における喫煙規制に関する 条例を制定。昨年4月の改正健康増進法へとつながることとなる。

 そんな流れを受けて、たばこ業界にも新たな潮流が生まれた。それが、加熱式たばこの登場だ。2016年には、加熱式たばこ『アイコス』が発売。その後、『グロー』や『プルーム・テック』などが続いた。その当時、たばこ全体の中での加熱式のシェアは3%だったものの、2017年末には約20%に増加。さらに2020年~現在では、25~27%の喫煙者が加熱式たばこを愛用しているというデータがある。新型コロナウイルスによる“巣ごもり特需”の影響もあるかもしれないが、大きくシェアを伸ばしていることはたしかだ。

 このように加熱式たばこが存在感を増している理由 は、健康懸念物質が少なく、火が出ない安全性、紙巻たばこと比べて副流煙 がなく、においが少ないことにあ  る。ただ、非喫煙者にとっては、紙巻たばこも加熱式たばこも同じで、嫌悪感を抱かれる存在であることに変わりはない。加熱式たばこが、周囲に対してまったく害を及ぼさない、とは言いきれないからだ。そのような状況下で、加熱式たばこも日本ならではの独自の進化を遂げているようだ。

 加熱式たばこには、高温加熱式(『アイコス』、『グロー』、『プルーム・エス』など)と低温加熱式(『プルーム・テック・プラス』など)の2種類がある。高温加熱式は、たばこのスティックを加熱して吸う形。低温加熱式たばこは、加熱したリキッドの蒸気をたばこ葉の詰まったカプセルに通過させる構造だ。

 JTによると、紙巻たばこはたばこ葉や巻紙を“燃焼”させることで健康懸念物質を含んだ副流煙や強いにおいを発生させるのに対し、高温加熱式たばこは“加熱”という方法をとるため、それらの軽減が見られると言う。 さらに低温加熱式たばこはそれが顕著で、「グリセリンや水などを含んだリキッドを加熱し、たばこ葉を直接加熱しないため、葉を燃焼させる紙巻たばこ、直接加熱する高温加熱式たばこよりも、健康懸念物質や強いにおいはより低減している」 (JT)とのこと。

 「たばこのにおいが少ない低温加熱式たばこは、例えば自宅で吸っても気にならないというたくさんのお声を頂戴します。日本ではとくに他者への配慮を重んじるため、周囲にどんな影響を及ぼすか、とても気にする喫煙者が多い。副流煙やにおいはもちろん、周囲の目が気になる方も多いようです。最近発売した『プルーム・テック・プラス・ウィズ』は販売初日にオンラインストアで完売するなどお客様から多くの関心をいただきました。コンパクト、見た目もたばこに見えないのが気に入ったとの声もいただいています。それだけ、周りへの影響や人目を気にする方が多いということかもしれません」(同)

 他者への配慮という点では、非常に有効に見える低温加熱式たばこ。だが、紙巻たばこユーザーにしてみると、若干物足りない部分もあるようだ。

 「紙巻たばこの代用品としては味が弱い、というお声もいただきます。紙巻たばこが豆から挽いたコーヒー、高温加熱式が缶コーヒー、低温加熱式がクラフトコーヒー…といった印象を持たれる方もいるようです。とはいえ吸う場所、環境も限られている現在、TPOやそれぞれの機能、味の特徴に応じて使い分けている方が多いようです」(同)。

 一方で、喫煙スペースの変化も起こっている。次々と喫煙所が撤去され、街でたばこを吸う場所が減った現在。新たに誕生した“喫煙目的店”が、『ザ スモーキストコーヒー』だ。都内に3店舗(東新宿、新橋、神田須田町)を運営している。

 『ザ スモーキストコーヒー』の最大の特徴は、改正健康増進法が施行されて以来、街では難しくなった“飲食をしながら喫煙ができる”ということ。ここでは紙巻たばこ、加熱式たばこに関わらず、喫煙することが可能。あえて今、このような店を作った理由は、「これまで当たり前に日常にあった、たばこを片手にコーヒーを嗜むという文化を大切に、喫煙者と非喫煙者双方に配慮した環境を整えた上で、ほっとひと息つける場所をご提供したい」と、同ブランドの広報担当者は明かす。

 新橋店、神田須田町店は全席喫煙可能だが、なかでも1Fが喫煙不可、2Fが喫煙可と完全分煙となっている東新宿店では、高性能なプラズマ集塵脱臭機を複数設置。4分に一度、空気が入れ替わるシステムにすることで浄化している。たばこを吸った人からは特有のにおいがするものだが、それがだいぶ軽減できるというものだ。同ブランドでは「社会的責任を果たすための投資」ととらえている。店舗毎に導入している換気システムは異なるというが、どのパターンが最適なのかは利用者の声を聞きながら、模索している状況とのことだ。

 また、同店の店長は、「当初は、このご時世だけに、否定的な意見が多いのではないかと考えていました。しかし、実際には好評をいただいています。非喫煙者の方からは『においはまったく気にならない。棲み分けができている』と言っていただけますし、もちろん喫煙者の方からは『コーヒーを飲みながら煙草が吸えるなんて嬉しい』と言われます」と反響を明かす。当然、東京都の条例に反しないよう、従業員は成人に限っている。

■加熱式たばこユーザーが紙たばこユーザーを嫌悪? “喫煙者内差別”の実態は?

 同店では、紙巻たばこユーザーと加熱式たばこユーザーの割合は7:3だそうだ。煙やにおいが強い紙巻たばこと、それらが少ない加熱式たばこ、それぞれのユーザーが喫煙スペースで同居することになるが、そこに問題はないのだろうか。最近では、加熱式たばこユーザーから「せっかく加熱式にしたのに、紙巻たばこと一緒になることでにおいがついてしまう」という不満も聞こえてくる。居場所が少なくなったからこその、同族内の“喫煙者内差別”とでも言えようか。実際に紙から加熱式に完全移行したユーザーの多くは、非喫煙者と同等に紙巻たばこのにおいを毛嫌いする傾向にある。

 だが、店長によると「当店ではそういう声は聞こえてこない」という。「やはり、喫煙スペースでもクリーンな空気環境の構築が実現できているためかと思います。通常、喫煙スペースというとモクモクと煙が漂っているような場所をイメージされるかと思いますが、まったくそんなこともありません。加熱式たばこを吸う方も、快適に過ごしていただけていると思います」と語る。

 「街でたばこを吸う場所がなくなったために路上喫煙する人もいて、非喫煙者はそれによる受動喫煙の不安があります。喫煙者、非喫煙者は相いれないようにも見えますが、生活空間の中でもしっかり区切ることができれば、この東新宿店のように共存ができると思います。コストもかかるため簡単ではありませんが、このようなお店を今後も増やしていきたいです」(店長)。

 好む人もいるが、嫌う人、迷惑を被る人も存在するたばこという嗜好品。互いが存在する以上、現状ではどちらかを切り捨てることで生まれるハレーションの方が多いと言わざるを得ない。『プルーム・テック・プラス・ウィズ』のような低温加熱式たばこも、『ザ スモーキストコーヒー』のような喫煙目的店も、喫煙者と非喫煙者の共存の道を探って生まれた商品であり、場所だ。それぞれのニーズに応えながら、共存できる形を模索する。 これら企業の努力が今後、本当の共存を実現するのかもしれない。

(文/衣輪晋一)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事