漫画『怪獣8号』ジャンプ+史上最速で累計100万部突破 マンガ大賞ノミネートの話題作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「マンガ大賞2021」にノミネートされている話題漫画『怪獣8号』のコミックス第2巻が4日に発売され、連載している漫画アプリ『少年ジャンプ+』(集英社)史上最速で累計発行部数100万部を突破した。電子版含まずの累計で、早くも漫画ファンの間で注目されている。

【画像】迫力満点!漫画『怪獣8号』のポスター&カラーイラスト

 『怪獣8号』は、災害(=怪獣)が容赦なく日常を侵す世界で、怪獣の発生率が世界屈指の日本が舞台。防衛隊が討伐した怪獣の死骸を清掃する仕事に就く32歳の主人公・日比野カフカは、“防衛隊員”になる夢を追う中で、謎の生物によって身体が怪獣化され、日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になるストーリー。

 2020年7月に『少年ジャンプ+』で連載がスタートすると、同アプリ史上最速で3000万閲覧数を突破(※10月30日第15話公開まで)。最新話を更新するごとにトレンド入りし、公開1週間で150万を超える閲覧数を記録し続けるなど、『少年ジャンプ+』の看板作品に。12月4日の1巻発売後に即重版しその後も2度の重版が決定、第25話公開後の今年2月8日に7000万閲覧を同アプリ史上最速で記録し、すでに大きな反響を得ている。

 2巻発売を記念して、特設サイト「#怪獣8号 推しポスターメーカー」がオープン。サイトでは、『怪獣8号』への想いをこめた推薦コメントと、作品の名シーンとを組み合わせて、自分だけの作品応援ポスター画像を作成できる。また、特定の条件を満たした上で投稿されたポスターの中から88作品を選定し、A2サイズに出力したポスターをプレゼントするほか、3巻発売タイミングに実施予定の東京都内ターミナル駅で掲出する宣伝ポスターに採用される予定。詳細は特設サイトまで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事