吉川愛『ラーヤと龍の王国』スタッフ陣のサプライズに大喜び「家に飾ります」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の吉川愛が4日、都内で行われたディズニー・アニメーション最新作『ラーヤと龍の王国』(3月5日公開)ニューヒロイン・ウェルカムイベントに登場。ラーヤ役の日本版吹替キャストに抜てきされた吉川だが、公開を目前にして「ついにあした公開ということで、すごく緊張していますが、早くひとりでも多くの方に見ていただきたいです」と声を弾ませた。

【写真】福田麻貴から声優業を絶賛されてガッツポーズする吉川愛

 吉川は「自分がディズニー作品に加われることが本当にうれしくて…。(オープニングの映像で)泣きそうになるくらい感動しまして、そこから自分の声が入ってきて、ずっと鳥肌が止まりませんでした。感動が一番大きくて、本当に幸せでした」としみじみ。監督からのメッセージと、ディズニー・アニメーション・スタジオのアニメーターから、自身のイラストをサプライズで受け取ると「えーめちゃくちゃうれしいです! 家に飾ります」と喜びをかみしめた。

 イベントには、3時のヒロインも登場。福田麻貴が「芸名だけで、イベントを勝ち取ってきました」と笑わせながら、吉川のヒロインっぷりに賛辞を送ると、吉川は握りこぶしを高々と上げるガッツポーズを披露し、うれしさを表現した。その後、自身初となるジェスチャーゲームにも挑戦し、3時のヒロインとの交流を深めていった。

 本作は、“龍の王国”を舞台に繰り広げられる少女ラーヤの戦いと成長を描く壮大なスペクタクル・ファンタジー。世界を救う唯一の魔法、それは“信じあう心”。かつては平和な一つの国だったが、邪悪な魔物によって人々が“信じあう心”を失い、バラバラになってしまった<龍の王国>クマンドラ。<龍の石>の守護者一族の娘であるラーヤは、父を失い、人を信じることをやめて、たった1人で生きてきた。

 王国を救うため、かつて魔物を退けたという伝説の<最後の龍>シスーを探し続けたラーヤは、ついに彼女を蘇らせることに成功するが、龍の魔力は失われており、その魔力を取り戻すため<龍の石>を探す旅が始まる。人を信じられないラーヤは、人を信じすぎるほどに信じるシスーとの旅、新しい仲間との出会いによって、世界を救う唯一の方法は、龍の魔法ではないことに気付かされていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事