『ワールドトリガー』舞台化で驚きの声「どう再現?」 新演劇表現“フィジカライブ”で体現
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気漫画『ワールドトリガー』が舞台化されることが決定し、東京と大阪で2021年11~12月に『ワールドトリガー the Stage』として上演されることが、4日発売の連載誌『ジャンプSQ.』(集英社)4月号にて発表された。

【写真】空閑、三雲、雨取、迅のビジュアル完全再現!キャラ衣装姿のキャスト陣

 戦闘シーンの”SFアクション”が独特の作品で、本作のために考案された新たな演劇表現“フィジカライブ(Physical × Live performance)”で世界を体現するが、ネット上ではまさかの舞台化に「あの世界観、戦闘シーンはどうやって再現するの?」「ワートリ舞台化まじ?」「ガンダムも舞台化されているし、もう再現できないアニメ漫画はないな」などと驚きの声があがっている。

 舞台化の発表とともに、あわせてキービジュアルやキャスト&スタッフ情報も解禁。空閑遊真役を植田圭輔、三雲修役を溝口琢矢のW主演、迅悠一役を高橋健介、雨取千佳役を其原有沙、脚本・演出を舞台『黒子のバスケ』や ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』などで知られる中屋敷法仁、音楽をGIRA MUNDO、振付を梅棒が担当する。

 『ワールドトリガー』は、「近界民(ネイバー)」と呼ばれる異世界からの来訪者・空閑遊真と、近界民の侵略に対抗する界境防衛機関「ボーダー」の隊員・三雲修が、未知なるモノとの接触や戦いを通して成長していく姿を描いたSFアクション。原作漫画が『週刊少年ジャンプ』にて2013年2月より連載がスタートし、18年12月より『ジャンプSQ.』へ移籍連載。テレビアニメ第1期が14年10月から16年4月に放送され、第2期がテレビ朝日系にて1月9日より放送されている。

 ビジュアルのキャッチコピーは「鮮烈なSFアクション劇が待望の舞台で繰り広げられるーー!!」で、「新次元のステージを目撃せよ」と呼びかけ。まさかの舞台化にネット上では「どういう演出になるんだろう…?」「まってまってまってビックリした!!」「戦闘シーン気になる!」「戦闘シーン大変だよ」「観に行きたい!けど、どう再現するんだ…?」などと話題に。

 脚本・演出の中屋敷氏は「魅力あふれるワールドトリガーの世界を劇場でお届けします! 今作では、壮大な物語の序章である三雲修と空閑遊真の出会いから、近界民との激しいバトル、そして界境防衛機関『ボーダー』内部の人間模様を描きます! 幻想的かつ刺激的なトリガーの表現や俳優たちの躍動感に満ちた生のパフォーマンスにご期待ください!」とコメントを寄せている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事