池田エライザ、3月末で『The Covers』MC卒業「音楽をやってみたいと思えるようになった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の池田エライザが、MCを担当するNHK BSプレミアムの音楽番組『The Covers』を3月28日の放送をもって卒業することが4日、発表された。池田は「いかに『音楽』が、人に寄り添い続けてきたか、そして可能性をどれだけ秘めているかに、気づかせてもらいました。皆様、本当にありがとうございました」と感謝の思いを口にした。

【写真】21日放送回には秦基博が登場

 アーティストが、思い出深い名曲を個性的なアレンジで届ける同番組。21日の放送回ゲストは秦基博。「90年代のラブソング」をテーマに自身が大好きだという斉藤和義の「彼女」とASKA「はじまりはいつも雨」をカバー。そして、映画の主題歌として提供した「さよならくちびる」を弾き語りセルフカバーで、テレビ初披露する。

 今年度ラスト回の28日は、ハナレグミ・永積崇が登場。H2Oの卒業ソング「想い出がいっぱい」、RADWIMP の「光」を弾き語りでカバー。さらに、自身の最新曲「発光帯」もパフォーマンスする。

 2018年4月から3年に渡りMCを務めてきた池田。この季節に門出を迎える視聴者と池田に向けて、ハナレグミがSUPER BUTTER DOGの名曲「サヨナラCOLOR 」 を贈る。

 池田は「自分の人生をさりげなく180度変えてくれた番組です」と出会いに感謝し「この番組のおかげで私自身も、ずっと怖くてやらなかった音楽の活動を、やってみたいなと思えるようにもなった」と自分自身の新しい扉を開くきっかけにもなったという。

 ともにMCを務めるリリー・フランキーに対しても「『ここで歌ってみたら』っていうふうに、声をかけてくれたおかげです」と感謝している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事