壇蜜、日露共作映画のナレーション挑戦 公開アフレコで“見事ノーミス”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の壇蜜(40)が4日、都内で行われた日露共同作品映画『ハチとパルマの物語』(5月28日公開)の公開アフレコイベントに出席した。ナレーション初挑戦ということで、気合十分に臨んだ壇蜜。一度も噛まず、見事ノーミスでやり遂げた。

【写真】公開アフレコをノーミスでやり遂げた壇蜜

 同作では「秋田犬の里」館長として出演している壇蜜。今回、初めて予告編のナレーションに挑戦したという壇蜜。こういったナレーションについて、「トヨエツ(豊川悦司)さんの仕事だと思ってました。渋い声の人が、渋い声の演出でやると思ってた。対極の仕事を任されたので責任重大だなと思いました」とまさかのオファーを振り返った。

 同作は、ロシアの実話が基になっているため、「ボルシチを作って気持ちを上げていこうと思ったら、ボルシチがウクライナの料理でびっくりしました」と、まさかの勘違いを告白。「最近圧力釜を買ったので、まずはボルシチだろうと。映画のナレーションも近いし、『いっちょいったる!』と思ったら、まさかのウクライナでした…」としょんぼりしていた。

 同作は、2年もの間、空港で飼い主を待ち続け、今もロシアで多くの人に語り継がれる感動の実話“忠犬パルマの物語”。その実話をベースに、パルマを見守り、その孤独を分かち合う少年コーリャとの触れ合いや、意外なきっかけで結ばれるハチ、そして大館の秋田犬たちとの絆などを描いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事