壇蜜、ザギトワとの“共演シーン”を回顧「私の平たさにびっくりしました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の壇蜜(40)が4日、都内で行われた日露共同作品映画『ハチとパルマの物語』(5月28日公開)の公開アフレコイベントに出席した。映画予告編のナレーションは初挑戦ということで、気合十分に臨んだ壇蜜。一度も噛まず、見事ノーミスでやり遂げた。

【写真】公開アフレコをノーミスでやり遂げた壇蜜

 壇蜜は同作で「秋田犬の里」館長として出演している。また、世界的なフィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワも本人役で登場する。壇蜜は「ザギさまと同じ時間に画面に収まるので、私の平たさにびっくりしました。ロシアのスタッフ陣営は平たくないので、トイレに入って鏡で自分を見てびっくりすることが2回ありました」と本音を吐露した。

 また映画について、「春はいろんなことが始まったり終わったりする時期なので、心も身体も忙しいと思う。そんな方々のために、上映は初夏でございます。ちょうど落ち着いてきた頃、五月病の予防対策になります」と力強くPR。「最近待つことを苦手な人が増えたと思う。どうしても『早く結果を出したい』『答えを見たい』という人が多いと思う。ゆっくり待ってる姿を、ちょっとこの時間だけでも味わってほしいなって。待つのも悪くないかもと思ってほしい。それをこのパルマから学んでほしいと思います」と呼び掛けた。

 同作は、2年もの間、空港で飼い主を待ち続け、今もロシアで多くの人に語り継がれる感動の実話“忠犬パルマの物語”。その実話をベースに、パルマを見守り、その孤独を分かち合う少年コーリャとの触れ合いや、意外なきっかけで結ばれるハチ、そして大館の秋田犬たちとの絆などを描いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事