ドラマ『東京怪奇酒』杉野遥亮×清野とおる×チャンス大城 運気が上がる鼎談
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ東京、テレビ大阪ほかで放送中のドラマ25『東京怪奇酒』(毎週金曜 深0:52~1:23)。心霊現象の起きた場所にわざわざ一人で出向き、恐怖心や高揚感の中で酒を飲む「怪奇酒」体験を描いた同名漫画を原作にしたドラマに、杉野遥亮役で出演する杉野遥亮、同じく本人役で出演する原作者の清野とおる、第1話のゲストで怪奇体験に度々遭遇するお笑い芸人・チャンス大城の鼎談が行われた。

【写真】杉野遥亮、清野とおる、チャンス大城ソロカット

 心霊ホラーものが大の苦手で、「“怪奇酒”みたいなことを面白半分でするべきではないと思っている」という杉野。そもそも清野は、なぜ『東京怪奇酒』(KADOKAWA)を描くことにしたのか、疑問だったという。

【清野】それまではずっと居酒屋やスナックに通って、体験したことを漫画にしていたんですけど、人と密に付き合うことに疲れてきてしまって、心霊スポットに行こうかな、と思ったんですね。

【杉野】人付き合いに疲れて、なんで心霊スポットなんですか?

【清野】幽霊が相手だったら喧嘩も起きないし、そんなに気を遣わなくていいかなと思って。昔から怪奇現象や怪談も好きでしたし。そんなに深い意味はないです。怪奇酒自体は不謹慎といえば不謹慎な行為ですが、連載中はそういうのは気にせず、自分が楽しいように描いていたんです。正直、ドラマ化されるなんて期待していなかったので。ドラマ化された今、改めて振り返ってみると、漫画の中で怪奇スポット以上にパワースポットと呼ばれる縁起のいい場所にも足しげく出向いていたので、図らずもそっち方面の力を証明しちゃったのかなと。つまり、幽霊がいるかいないかに関しては答えを出すことはできなかったけど、“こんな内容の漫画がこんな豪華なキャストのみなさんでドラマ化できちゃった...”この事象こそが、パワースポットのおかげなのではないかと思っています。

 原作漫画の中でも「事故物件に住み始めたら恋愛や仕事が急に上手くいきだした」という例が描かれており、清野自身も怪奇酒を始めてからアイデアが浮かぶようになったそう。

【清野】"怪奇酒はオバケとの戦いではなく、己との戦い"と言ってるんですけど、普通なら率先してやらないことをあえて進んでやることにより、脳がビックリするんですよね。そうすることで新たな視野や価値観が得られると思うので、怪奇酒というのは僕にとっての"脳トレ"。その結果、これまでは思いつかなかったアイデアや表現が得られたんじゃないかなと思っています。

■良いことをしたら1ポイント

 チャンス大城は、「吸い殻拾い」で運気が上がったと話す。これに杉野は大いに共感。

【大城】ある時、道を歩いていたら、空から誰かに見られている感覚になったんです。神様に見られている感覚がして、それで今からゴミ拾いするので見ててもらえますか? 何日かやったら仕事増やしてもらえますか?って思いながら、吸い殻拾いを続けていたら、仕事が増えてきたんですよ。

【清野】某有名野球選手も道端でゴミを見つけるとラッキーと思って、率先して拾って運気を上げていった話を聞いたことがあります。

【杉野】僕も。子どもの頃、ゴミを見つけたら拾ってちゃんと捨てていた。その神様に見られている感覚はわかります。良い行いをすれば良いことがあるし、悪いことをしたらバチが当たるという感覚。

【大城】コンビニのトイレに入った時も必ず掃除するようにしているんです。自分の中ではそれで1ポイントアップなんですよ。

【杉野】そのポイント制わかります! 僕も良いことをしたら1ポイント。

【清野】僕もトイレ掃除はしますね。

【大城】逆にちょっとしたことでいけないと悪いとわかっていてもやってしまうことがあるじゃないですか、そういう時はマイナスポイントになって、その分吸い殻を拾いに行ってチャラにしようとする。『さんまのお笑い向上委員会』の収録前には100本くらい吸い殻を拾いました。それで、2割6分8厘くらいは打たせてくださいって願いながら。そうしたら、『明石家サンタ』にも出られることになって。

【杉野】すごい! 僕も良いことをしよう。

【大城】杉野さんは本当にいい人。役者さんってカメラが回っていないところでは、床にツバを吐いたり、ラーメンの残ったスープでタバコの火を消したりするのかなって思っていたから。

【杉野】いつの時代の芸能人ですか(笑)、

【大城】男前で、仕事に対しても真面目で

【清野】高身長で、顔も良くて、頭も良い、

【杉野】どんどん褒めてください(笑)。

【清野】非の打ち所がないとは杉野さんのことです。一つくらいも非を見つけてやろうと思っていたんですけど、見つけられなかった。こんな出来すぎた人いないだろうって思っています。杉野さんだからこそこういう面白い作品になったと思うので、今度一緒に怪奇酒行きましょう。

【杉野】それはもういいです。実はきょう、お二人に会うということもあって、赤いパンツをはいてきたんです。『東京怪奇酒』の撮影中もずっと赤いパンツを履いていました。赤はいい色だと聞いたので。

【大城】赤はパワーがありますよ。赤ちゃんとか、還暦のお祝いの赤いちゃんちゃんこもそうですよね。

■ドラマ『東京怪奇酒』概要
毎週金曜 深0:52~1:23(全6話)
放送局:テレビ東京 テレビ大阪 テレビ北海道 TVQ九州放送 ほか
出演:杉野遥亮 清野とおる チャンス大城 松原タニシ OKAMOTO’S オカモトショウ R-指定(Creepy Nuts) 大島てる 三上丈晴(「ムー」編集長) 吉田悠軌 ありがとうぁみ シークエンスはやとも ヤースー(スマイルシーサー) ボルサリーノ関 岡山天音

※3月20日(土)、3月27日(土)に“怪談オールスターズ”によるオンラインイベント開催。詳しくは公式ホームページに掲載。

■公式ホームページ
https://www.tv-tokyo.co.jp/kaikizake/event/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事