左鎖骨骨折のライセンス・藤原一裕、YouTube動画で謝罪「ほんま僕の単独事故です」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・ライセンスの藤原一裕(43)が4日、自身の公式YouTubeチャンネル『フジワランド』に動画を投稿した。日本テレビが同日、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(毎週日曜 後11:25)の「ソフトボール企画」のロケ中に、藤原が左鎖骨遠位端骨折のけがを負ったと発表。それを受け、藤原は投稿した動画でファンや関係者に謝罪し、数日後に手術を受けると明かした。

【動画】YouTubeで状態を説明したライセンス・藤原

 『【緊急】本日の報道についてご報告』と題した動画で、藤原は「フジワランドです。いつもこうやって左手であいさつしてるのに、申し訳ない。ちょっと今日は片手です。ご覧になって分かるでしょうか? 腕を吊った状態になっております」とし、三角巾で左腕を吊った痛々しい姿を見せた。「ちょっとネットニュースになってご存知の方もいらっしゃるかもしれませんけど、きのう3日、大先輩の番組の収録に参加して頑張らせて頂いてたんですけど、まぬけなことに私も43でして、自分の運動神経というか、若かった頃のイメージを過信しすぎまして、左側の鎖骨を骨折してしまいました」と報告した。

 「相方、家族、関係者の皆さま、スタッフの皆さま、先輩方、ご迷惑をお掛けして申し訳ございません」と謝罪。「今日病院の方に行きまして、改めて検査、今後の治療方法を相談しまして、数日後にちょっと手術をすることになりました」とし、PCR検査などを済ませ、手術を受けるまでは自宅でほぼ隔離状態で過ごすと説明した。そして、「数日後に手術して、その後に復帰しますので、それまでご迷惑をお掛けすると思います。申し訳ございません」と謝罪を重ねた。

 動画に登場した妻の山口美沙は、藤原から報告と受けた時を振り返り、「いや本当にびっくりだよ。昨日、『ごめん。左の鎖骨折れたわ』ってLINEが届いて、『なに!?』みたいな。二度見しちゃったもん。スマホの画面」と心境を語った。

 藤原は「番組さんとかスタッフさんはすごい優しいからさ、『これからより安全面に気をつける』って言うてくれてはるねんけど、こんなん防ぎようない。ほんま僕の単独事故です。ただただ申し訳ない。おっさんがはしゃいでけがしたパターンです」と強調。続けて「身体は鎖骨以外、全部元気ですので、今後ともよろしくお願いいたします」と呼び掛けた。

 藤原について、日本テレビは4日、書面を通じて「3月3日午後1時頃『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の『ソフトボール企画』のロケ中に、藤原一裕(ライセンス)さんがケガをしました」と伝え「試合中にバッターの藤原さんが一塁へ走り込んだ際、バランスを崩して左肩から地面に転倒してしまいました」と説明。

 「ただちに、最寄の病院にて診察 、応急処置を受け、本日改めて都内の病院にて診察 を受けたところ、左鎖骨遠位端骨折と診断されました」とし「藤原さんは近日、手術を受ける予定です。医師によると2週間程度で日常生活には支障のない状態に回復する見込みとのことです」と報告した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事