福原愛さん、不倫報道受け直筆で釈明 男性とは「一緒の部屋に宿泊した事実ない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 卓球女子の2012年ロンドン五輪団体銀、16年リオ五輪団体銅メダリストの福原愛さん(32)が4日、一部週刊誌で報じられた不倫疑惑について、マネジメント業務を担当する電通スポーツパートナーズの公式サイトに直筆の声明を掲載した。

【写真】卓球を始めたばかりの3歳の福原愛さん

 福原さんは「この度は私自身の軽率な行動により、ご心配・ご迷惑をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。また、世界中が困難に直面するなか、皆さまに誤解や疑いを持たれる行動をとってしまったこと、大変申し訳ございませんでした」と謝罪。「台湾にいる夫や子供、家族に対しても不安や心配を抱かせてしまい、真摯に反省しております」とした。

 今回の報道について、経緯も説明しており「2021年1月に、これまでの想いを具現化すべく個人事務所を設立させていただいたのですが、社会人経験がない私にとって、すべてが初めての経験であり、自分の無知さを痛感した日々でもありました。そうした中、社会人の先輩として尊敬していた友人にアドバイスを頂く際に気分転換を兼ねて、外出いたしました。一緒の部屋に宿泊した事実はありません」と男性との関係についても釈明している。

 また、夫の卓球選手・江宏傑(32)との関係についても「夫婦間で子供にとって何が一番なのか話し合っていることも併せてご報告させていただきます」と伝えている。

 福原さんをめぐっては、4日発売の『女性セブン』(小学館)で福原さんの不倫疑惑が伝えれた。また、同じく4日発売の『週刊文春』(文芸春秋)では、知人の話を交え、福原さんが夫のモラハラで既に離婚を決意しているとの記事が掲載されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事