TOKIOと窪田正孝、福島の聖火ランナー辞退 スケジュールの都合で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京五輪の聖火リレーで福島県内を走る予定だった人気グループ・TOKIOと俳優の窪田正孝が、昨年12月までにランナーを辞退していたことが6日、わかった。両者の所属事務所によると、五輪の延期にともないスケジュールが合わなくなったためとしている。

【写真】福島県からTOKIOに贈られた感謝状

 TOKIOは2000年から日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!!』で県内の土地を開墾し農作業を行う「DASH村」の企画で福島との強い関係を築いている。東日本大震災後には原発事故で風評被害に悩む農家などへの支援も積極的に行ってきた。

 一方、窪田は昨年のNHK連続テレビ小説『エール』で福島出身の作曲家・古関裕而さんをモデルにした主人公を演じていた。

 同県によると、女優の菊池桃子と2008年北京五輪陸上代表の千葉麻美さんが新たにランナーに選出された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事