菅田将暉、星野源の“公開呼びかけ”に釈明と感謝「大人やから、やさしい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の菅田将暉が、8日深夜放送のニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』(毎週月曜 深1:00)に生出演。2日深夜放送の『星野源ANN』(毎週火曜 深1:00)で、パーソナリティーの星野源から“公開呼びかけ”をされたことを受け、コメントした。

【写真】ガッキーの肩に星野源が頬乗せ…ラブラブ密着ショット

 『星野ANN』で、映画『花束みたいな恋をした』の撮影中に、菅田が共演者の有村架純に星野の楽曲「くだらないの中に」を教えたというメールが伝えられると、星野が「これはもう、ネットニュース的なやつで見た気がするんですけど、驚がくですよ」と率直な思いを吐露。

 星野は続けて「いいですか? いいか、みんな。菅田くんがオレの曲を有村架純ちゃんに教えてくれたんだぞ。これは、いろんな人に広めてくれ」とリスナーに呼びかけると「その上で、おい菅田! 去年オレに『源さん「くだらないの中に」の弾き方を教えてください』って言ったのは、これのためか!」と笑い声でシャウト。「最初は自分が覚えたいっていう気持ちでやり取りしていたっていう希望を持ちたいよねって…ちょっとニセさん(ニセ明)みたいになっちゃった」とツアーでおなじみの“ニセ明”を思わせる声色も見せながら「いつか、菅田くんが弾く日をちょっと見たいですよね」と締めくくっていた。

 この日の『菅田ANN』で、リスナーから『星野ANN』での様子を伝えられると「まいったなー。いやーまいったな、バレたか。ちょっと、これ『バレる!』ですよ」と、直前に流したCreepy Nutsの楽曲タイトルを引き合いにコメント。「これバレたかーやべーな。これバレると、いろいろな(笑)。ほかにもバレてないのがあるんですよ。例えば、Creepy Nutsにラップのことを聞いたりして、ほかのところで知識を披露していたりとか(笑)。やさしいから教えてくれるのよ(笑)。その道のプロに聞いて、その知識をほかで使うっていうのがバレたな」と笑いを交えながら、新たな情報も付け加えた。

 菅田は、その上で「よかった星野さんで、大人やから、やさしいしな。これ、違うんですよ。冤罪なんですよ。撮影時期が1~2月で、その時は有村さんにコード表の見方くらいは教えたり。本当に星野さんはやさしくて、送ってくれたんやけど、それは4~5月の緊急事態宣言の時でしたので。時系列が違う。星野さんに習った、ギターの弾き方は教えてないし、その時はまだ教えてもらってなかったから」と釈明していた。

 両番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事