芳根京子主演、映画『Arc アーク』運命の分岐点を切り取った場面写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の芳根京子主演、映画『愚行録』『蜜蜂と遠雷』で国内外より注目される石川慶監督の新作映画『Arc アーク』(6月25日公開)の場面写真が新たに8点解禁された。人類史上初めて永遠の命を得た女性の人生を描く、驚嘆と不思議(=センスオブワンダー)に彩られた本作。一人の女性の17歳から100歳以上を生き抜くという、キャリア史上最難関の役どころを繊細かつ大胆に演じきった芳根の演技力に期待が高まる瞬間が切り取られている。

【動画】芳根京子が不老不死の女性に!特報映像解禁

 原作は21世紀を代表するSF作家ケン・リュウの傑作短編小説「円弧(アーク)」(ハヤカワ文庫)。石川監督が、原作の息をのむほど斬新な不老不死のシチュエーションと、行間に流れる死生観を引き継ぎながら、映像作品へと鮮やかに転生させた。

 主人公・リナを演じる芳根は、『累 -かさね-』と『散り椿』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、最新作『ファーストラヴ』では、その憑依したような熱演に堤幸彦監督から“涙の魔術師”と絶賛された。そのほか、リナが勤めるエターニティ社の責任者エマ役に寺島しのぶ。エマの弟で天才科学者である天音役に岡田将生。さらに、物語の重要なカギを握る人物を、倍賞千恵子、風吹ジュン、小林薫の3人が演じて、その全身からにじみ出る人間味でスクリーンに情感を与える。

 今回解禁されたのは、人類で初めて永遠の命を得た女性・リナが19歳で人生の師となるエマ(寺島しのぶ)と出会い、プラスティネーションにより美しい状態で保存された<ボディワークス>に初めて触れようとするシーンや、30歳のリナが最愛の人となる天才科学者・天音(岡田将生)と共に、世間に不老化技術の完成を発表する時を迎え、緊張した面持ちでお互いの気持ちを確かめ合うシーンなど、リナの人生の分岐点を切り取った重要な場面写真となっている。

 また、姉弟でありながら相反する研究に没頭し、道を違えていくエマと天音が不穏な表情で向き合うシーンや、まだキャラクターの詳細が明らかになっていない小林薫が風吹ジュンの車椅子を押すシーンも含まれており、さらに謎が深まる場面ばかりだ。

 人類で初めて不老化処置を受けて30歳の若々しい身体のままに永遠の命を得た女性であるリナは、見た目の変化なしで年月の流れを表現しなければならない難役。オファーを受けた当初、芳根は「今の私ではまだこの役の人間的な深みを表現するのは難しいのではないか」と感じ、正直に監督にその気持ちを伝えたという。そんな芳根に対し、石川監督は「自分の中では、絶対に出来るという確信がありました」と芳根に全幅の信頼を寄せていた。

 さらに「過去にご一緒した時に、大ベテランの共演者たちに食らいついて行く迫力を見せてくれて、鮮烈な印象を残しましたので。今回はベテランの方たちが脇を固めることによって、さらに力を発揮してくれるに違いないと思っていました。結果、本当にそうなりましたね!」と明かす監督の思惑通り、芳根は、寺島や岡田、倍賞、風吹、小林ら大ベテランたちにも引けを取らない存在感を放っていたそう。解禁された場面写真で切り取られた表情からも、リナの長い長い人生で出会うキーパーソンたちとの運命の分岐点を、その多彩な表現力でどう演じるのか、想像が膨らむ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事