『進撃の巨人』完結、早くも“進撃ロス”続々 梶裕貴は休暇希望「明日休みがいいなー笑」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気漫画『進撃の巨人』が、9日発売の『別冊少年マガジン』(講談社)5月号で最終回(139話)を迎え、2009年9月の連載スタートから約11年半(11年7ヶ月)の歴史に幕を下ろした。ネット上では「進撃ロスの後遺症が想像以上です」「進撃の巨人ロスが抜けない」などと、連載終了を惜しむ声が相次いでいる。

【写真】「心臓を捧げよ!」エレンのコスプレ完全再現した梶裕貴

 2013年より放送がスタートしたテレビアニメ版で主人公・エレン役を務めている人気声優の梶裕貴は、完結を前に8日ツイッターを更新し「あと12時間。終わらせてあげたい。けど、終わってほしくない」と複雑な心境。

 そして、日付が変わり9日、同作が完結し「読者の誰もがそうかと思うけれど、僕にしかわからない感情がある 涙が止まらない」と感慨。作品への思いを語る中で、「明日休みがいいなー…!笑 眠れないだろうけど、寝る努力をします! 遅くまで失礼しました!おやすみなさい!」と感情が揺さぶられている今の心境を打ち明けた。

 梶同様に複雑な心境をつぶやく人は多く、「様々な感情と共に.. 走馬灯のように心と脳内を駆け巡る エレン様の笑顔とカッコ良さ炸裂なエレン様が今は本当に辛いです」「諫山先生、お疲れ様でした。『進撃ロス』と表現することが適切でしょうか、大きな喪失感に襲われております」「今日は進撃ロスで仕事になりません」「全然、うまくない表現だけど、心が駆逐された」などの声をあげている。

 同作は、人を捕食する「巨人」が全てを支配する世界を舞台に、巨大な「城壁」を築きその中で怯えて暮らす人類が、「巨人」相手に絶望的な戦いを強いられる物語。巨人たちと闘う「調査兵団」に所属し、外の世界に憧れる主人公のエレン、クールな戦闘美少女・ミカサ、頭脳派・アルミンの3人を中心に、ストーリーが展開されるダークファンタジー。

 2019年12月にコミックス(紙・電子書籍)の累計発行部数が、全世界で1億部を突破するほどの人気で、2011年に『このマンガがすごい! 2011』オトコ編第1位、『全国書店員が選んだおすすめコミック2011』第1位など、数々の漫画賞を受賞。2013年よりテレビアニメの放送がスタートし、2020年12月よりNHK総合にて最終章の放送が開始。2015年には三浦春馬さん主演で実写映画化(前篇・後篇)もされ、ハリウッドでの実写映画化の製作も発表されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事