庵野秀明氏、鬼滅の刃&新海誠監督をリスペクト「100億を狙って当然の作品群」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の大ヒット御礼舞台あいさつが11日、東京・新宿バルト9で行われ、庵野秀明氏(総監督)、鶴巻和哉氏(監督)、前田真宏氏(監督)、緒方恵美(碇シンジ役)が出席した。

【動画】激レア!『エヴァ』舞台あいさつに初登壇した庵野秀明氏

 公開初日から興収8億277万4200円、観客動員数53万9623人を記録し、前作『:Q』(2012年公開)初日の興行対比123.8%、観客動員対比121.7%と、大ヒットスタートとなった今作。東映によるとシリーズ作品の興行成績において「公開からの成績は常に最高記録を更新中」と説明しており、すでに前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年公開)の最終興収53億円を超えた。

 公開30日間で興行収入70億円を突破し、シリーズ最高興収を更新し続けている。庵野氏は「本当にありがたい」とファンに感謝すると「もう前作『Q』を超えて、さらに80億円ちょっと超えると『シン・ゴジラ』を超えてくれる。そこを超えてくれたら僕の中でレコードになるし、100億円を超えるとアニメ業界の活性化にいいんですよ」と願う。

 一方で「『鬼滅の刃』とか新海誠監督の作品が100億円を超えるのは当たり前。100億円を狙って当然の作品群なんですよ、ジブリもそうですけど」とリスペクトの思いを語る一幕も。進行役の緒方も「新海監督の作品は、ファミリーで見に来てくださる方が多い。本日はぼっちで参戦されている方が多いのかな? あ、みんな目をそらさないでください! でも本当にありがとうございます!」と笑顔で話していた。

 『新劇場版』シリーズは、テレビシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』に新たな設定とストーリーを加え全4部作として「リビルド」(再構築)したもので、今作は、2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、09年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、12年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に続く作品であり、完結編となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事