浮所飛貴主演『胸が鳴るのは君のせい』 白石聖の“告白シーン”場面写真解禁 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャニーズJr.の人気グループ・美 少年の浮所飛貴が主演する映画『胸が鳴るのは君のせい』(6月4日公開)の場面写真が、解禁された。ヒロインの白石聖演じる篠原つかさが、浮所演じる有馬隼人に告白するシーンと、有馬を見つめ、告白の返事を聞くつかさの表情を切り取った2枚となっており、どちらも今作における重要な場面となっている。

【写真】振られてもめげない!健気なヒロインを演じる白石聖

 今作は、紺野りさ氏による人気少女漫画(小学館『ベツコミ フラワーコミックス』刊)を実写化。クールでひょうひょうとしていて、どこかつかめない転校生の有馬。つかさはそんな有馬が自分だけに見せる優しさや笑顔に惹かれ、いつしか有馬から目が離せなくなっていた…。

 友達からも「絶対両思いだよ!」と背中を押されたつかさは、勇気を出して有馬に告白。そんな覚悟を決めたつかさと真正面から向き合う有馬の姿を捉え、「フラれてもやめられない恋」という物語の軸とも言える印象深いカットとなった。もう1枚は、有馬から告げられた「つかさのこと、そういう目で見たことない」という言葉にショックを受け、切なげな表情を見せるつかさ。淡い期待に胸を膨らませていたつかさは、有馬からのまさかの返事に戸惑いを隠せない。そんなつかさの揺れ動く感情が切り取られた、切ない想いが伝わってくる一枚になっている。

 浮所が「大人びていて、周りの友達より常に一歩引いて周りを見ている。今の浮所飛貴の憧れの存在」と語る有馬がつかさと過ごすうちに変化していく姿、白石が「片思いをしたことがある人はつかさの気持ちに共感してもらえると思う」と自信を覗かせる、フラれてもあきらめない真っ直ぐなつかさの奮闘ぶりに注目。ただ甘酸っぱいだけでない青春の“苦味”もストーリーのなかで描かれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事