酒井藍、濃厚接触者に該当せずPCR検査も陰性 吉本新喜劇17日から再開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの濃厚接触者に該当する可能性があった吉本新喜劇の座長・酒井藍(34)が、濃厚接触者にはあたらずPCR検査の結果も陰性だったことが16日、発表された。これにともない、17日から吉本新喜劇公演が再開される。

【写真】吉本新喜劇「酒井藍」新座長就任公演の模様

 なんばグランド花月の公式サイトでは、「吉本新喜劇 酒井藍が新型コロナウイルス感染者との濃厚接触者に該当する可能性があるため、15日(木)、16日(金)の吉本新喜劇公演を中止しておりましたが、保健所より濃厚接触者には該当しないとの結果を受けました。またPCR検査を受診し、陰性が確認された為、17日(土)より吉本新喜劇公演を再開致します」と発表されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事