モー娘。譜久村聖、ネット上のうわさ否定「事実無根」 事務所も誹謗中傷へ「法的措置も辞さない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルグループ・モーニング娘。’21のリーダーの譜久村聖が16日、ブログを更新し、ネット上でのうわさについて「事実無根」と明言した。また、所属事務所アップフロントプロモーションも公式サイトを更新し、事実に基づかないメンバーへの誹謗中傷に対して「法的措置も辞さない体制で臨んでいきます」と声明を発表した。

【写真】全身ショットも!『16th~That’s J-POP~』ジャケ写2種公開

 公式サイトは「譜久村聖の、先日より一部インターネット上でささやかれている事案について、以前から状況は認識しておりましたが今回改めて調査を行い、すべて事実無根であるということを確認いたしました。本人がファンと個人的なやり取りをしていたことはなく弊社が特別な便宜をはかったこともありません」と報告。今回の事案について「弊社としても重く受け止め、ファンクラブの会員規約に反するものとして該当者にはファンクラブ退会を通達いたします」とした。

 今後に向けて「インターネットやSNSにおいて、事実に基づかない憶測や噂を流布する行為やメンバーに対しての誹謗中傷に関しては、警察や弁護士等と協議連動の上、関係各位含めてしかるべき対応を行っていきますし、場合によっては法的措置も辞さない体制で臨んでいきます」との態度を示し、「ご理解いただければと思います」と呼びかけた。

 譜久村もブログで「現在話題にあがっております話や噂について、疑念を晴らしたいと思います」と切り出し、「まず一番に申し上げたいことは“事実無根”であるということです。 個人的に会ったり連絡するといったことは一切ありません」とうわさについて強く否定。

 「何故このような事に巻き込まれているのか今とても混乱しています」と心境を明かし、「日頃から応援してくださる方々にいつまでも心配を掛けたくない気持ちの一方、 この様な文章を書くことによっての恐怖心も強くあり、息をするのが苦しくなります。生活面での支障も出ています」と不安を吐露した。

 続けて「普段自分の楽しみでもある SNS コメントにも、誤解をしておられる方からの苦情や、 時には脅しのようなものもあります。どうか間違った SNS の使い方をしないでください。SNS は楽しみや便利なツールとして活用するべきだと思います」とSNSのルールについて理解を求めた。

 譜久村はモー娘。の9代目リーダーで、ハロー!プロジェクトの7代目リーダーも兼務する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事