“Fate”好き川村壱馬「英霊になりたい」 吉野北人は“越前リョーマ”と「甘いせりふ対決」希望
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LDHは18日、都内で次世代総合エンタテインメントプロジェクト『BATTLE OF TOKYO』記者発表会を実施。GENERATIONS(7人)、THE RAMPAGE(16人)、FANTASTICS(8人)、BALLISTIK BOYZ(7人)のJr.EXILE計38人をアバター化し、アニメやゲームなどさまざまなデジタル・バーチャルコンテンツを展開すると発表した。

【集合ショット】EXILE HIROや片寄涼太らイケメンが集結!

 リアルとバーチャルを横断・融合した世界初の「Miked Reality Entertainment」として本格始動した同プロジェクト。舞台となるのは架空の未来都市「超東京」。一人ひとりが自ら創造したキャラクターがアバターとなり、MAD JESTERS(GENERATIONS)、ROWDY SHOGUN(THE RAMPAGE)、Astro9(FANTASTICS)、JIGGY BOYS(BALLISTIK BOYZ)と4つのチームとなってバトルを繰り広げていく。

 これまで音楽やダンスで「TOKYOポップカルチャー」を創造してきたLDHが、最新テクノロジーと日本を代表するスタッフにより、アニメ、ゲーム、ライブ、MV、舞台などあらゆるエンタテインメント体験を発信していく。

 この日の会見には、片寄涼太、関口メンディー、川村壱馬、吉野北人、世界、砂田将宏が登壇。もし、自分のアバターがアニメと共演するなら、どのような作品とタッグを組みたいか聞かれると川村は「僕は『Fate』が好きなんですけど、そのアニメにセイバーとして英霊となってアルトリア・ペンドラゴンと共演したいです」と夢を膨らませた。

 吉野は「けっこうアニメを見ているんですけど、最近は『テニスの王子様』を見ています。越前リョーマ君と甘いせりふ対決とか(笑)。声も甘いので」と希望した。

 世界は「僕はスネ夫をやられている関(智一)さんが大好きで。関さん、森久保祥太郎さんは個人的にも親交があるので、ぜひ出ていただきたいなと思っております」と大好きな声優との共演を願った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事