尾崎豊唯一の東京ドーム公演アルバムがサブスク解禁 壮絶な“復活ライブ”の記録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伝説のシンガー・ソングライター尾崎豊さんが1988年9月12日に開催し、自身最多の5万6000人を動員した、キャリア唯一の東京ドーム公演を収めたライブアルバム『LIVE CORE (LIMITED VERSION) [YUTAKA OZAKI IN TOKYO DOME 1988/9/12]』の音源が21日、サブスクリプション/ダウンロードサービスで解禁となった。

【写真】尾崎豊さん初配信作品まとめ画像

 このアルバムは、2013年3月に発売されたライブBlu-ray/DVD『LIVE CORE 完全版~YUTAKA OZAKI IN TOKYO DOME 1988・9・12』のために蔵出しされたリミックス音源を再加工したライブCDとして、2013年12月に発売されたもの。ライブBlu-ray/DVDは当日の演奏曲全26曲をセットリスト順に完全収録しているが、このライブアルバムは20曲を厳選し、セットリストとは異なる構成となっている。

 ライブアルバムの1曲目は「今投げたのは俺の夢だから壊さないようにね」のMCで始まる代表曲「卒業」。シングル曲はほかに、「十七歳の地図」「Driving All Night」「Forget-me-not」「I LOVE YOU」が収められている。「愛の消えた街」では、3月9日に逝去した名ドラマー、村上“ポンタ”秀一さんの3分40秒にもわたる圧巻のドラムソロを聴くこともできる。

 アンコールで披露された名曲「シェリー」や、ラストナンバー「僕が僕であるために」はアコースティックギター1本で弾き語り。当時22歳だった尾崎さんが振り絞るように絶叫し、歌う、一夜限りの壮絶な“復活ライブ”の記録となっている。

 あわせて、4thアルバム『街路樹(スペシャルエディション) [2009 Remaster]』の初配信もスタート。全9曲で構成されたオリジナル収録曲に加え、初配信となる6thシングル「核(CORE)」のシングル・ヴァージョン、「遠い空」のシングル・ヴァージョン、7thシングル「太陽の破片」など4曲を追加した全13曲のスペシャル版となっている。

 ほかにも、6thシングル「核(CORE)」や7thシングル「太陽の破片」のオリジナル・マスター版も配信も開始となり、尾崎さんが1987~88年のわずか2年間に残した「マザー&チルドレン」レーベル(現ワーナーミュージック・ジャパン)時代の全音源がサブスク解禁となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事