明日海りおの初の冠番組、Huluで5・22配信スタート 日常のステキテクを学ぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元宝塚トップスター・明日海りおの初の冠番組『明日海りおのアトリエ』がHuluで5月22日より配信開始される(毎週土曜に新エピソード配信、全8回)。明日海が自分時間を楽しむ“真っ白いアトリエ”で、思わず真似したくなる日常のステキなテクニックを学ぶ姿を通して、暮らしのヒントや大人女子の楽しみ方を知ることができるドキュメント・バラエティー。

【写真】朝ドラでカメラ目線が話題になった明日海りお

■宝塚のトップオブトップと謳われた明日海りおの《新たな試み》

 2014年宝塚歌劇団花組トップスターに就任後、5年半のトップ在籍期間で、大劇場主演作12作(準トップ時代を含む)は、平成以降に退団したトップとして史上最多を誇る明日海。2020年から女優として新たなステージを開拓し始め、さっそくNHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』に出演。ディズニー映画『ムーラン』では主人公・ムーランの日本語版声優に挑戦。退団後初の舞台『ポーの一族』にも挑み、4月期の土曜ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)にも出演するなど、活動の幅を広げている。

 宝塚在団中は超多忙だった上に、「清く、正しく、美しく」をモットーとする宝塚の世界しか知らなかった明日海。そんな生粋の元タカラジェンヌならではの視点も生かしながら、明日海が「美」「癒やし」「食」といったジャンルでさまざまなことにチャレンジし、《オトナ女子の新たな世界》を学んでいく。明日海が日常の小さな楽しみを発見しながら、秘密基地である《真っ白いアトリエ》を自分色に染め上げていくドキュメント・バラエティー。

 「自分らしく過ごせる心地よいインテリアのヒント」や「コーヒーの美味しい淹れ方」、「ご飯の美味しい炊き方」など、誰もが思わず真似したくなるような《日常生活と心を豊かにする素敵テクニック》を学びながら、新たな自分空間を構築していく。

 そんな中、浮き彫りになる明日海の思い――。宝塚時代の明日海は何を思っていたのか、そして新しい世界に飛び出した明日海は“今”何を感じているのか…。番組では、明日海自身の魅力もたっぷり届ける。

 ほんの一歩踏み出し、普段と違うことをしてみると、そこには《ささやかだけど心が豊かになる、これまで知らなかった世界》がたくさんある! そんな明日海流・日常の新バイブル「明日海りおのアトリエ」。ちょっとしたすてきテクニックを学びながら、《日常の小さな楽しみ》を見つけていく明日海の、生き生きとした姿がすべての女性の心をポジティブに染め上げる。

■明日海りおのコメント
 Huluはよく拝見していたので、そこで自分の番組ができると聞き、びっくりして信じられないような気持ちでした。番組では、私のやりたいことをさせていただけるということで、制作の皆さんが私の興味のあることや好きなこと、宝塚時代のことなどを聞き、構成を考えてくださって。本当に好きなことだらけなので、「こんなに好き放題にさせてもらえるものなんだ…」と驚きつつも、とても楽しんでいます。

 また、舞台に出演する時はその役として生きることに全てを捧げますし、映像作品でもそうなので、お仕事で自分の素の顔をさらすのは初めてにちかいので、今まで役を演じる姿しか知らなかった方には、新たな一面を知っていただけると思うと嬉しいです。

 番組では、今、見直されているおウチ時間に役に立つ情報や、真似したくなるテクニックをたくさん紹介しているので、御覧いただいて絶対に損はないと思います!(笑)。すでに、美味しいコーヒーの淹れ方や、美味しいご飯の炊き方、自宅で簡単にできる燻製料理などに挑戦しましたが、どれも香りだけで特別な気分になれるものなので、時間を作り、少し手間をかけることで、贅沢なひと時を嗅覚から感じてリッチな気持ちになり、「大人だなぁ~」と思いました(笑)。撮影の日は、仕事をしたという感覚はなかったですね(笑)。

 小さな楽しみを見つけることは、日常をより楽しく、心を豊かにしてくれますよね。私は、仕事好きなので、忙しくても全然大丈夫で、意識しないと睡眠時間も削っちゃうタイプ。だからこそ意識的にそういう時間を作ろうと、ちょうど思い始めていたタイミングだったんです。日々の中で意識して自分と向きあったり、何かを楽しむ時間を30分とかでも作ると、リフレッシュしますし、「これが好きだった」「こういうこともあったな」とか、忘れていたいろんなことが蘇ってきたりします。また、「今度あの人に作ってあげよう」と改めて周りへの感謝の思いにも気付けて。自分も楽しめて豊かになれる上に、いつか誰かを喜ばせるテクニックを知れるのはすごくいいなと思いますね。

 番組では、そんな皆様の毎日を楽しくするお役立ち情報を届けるのはもちろん、時にハプニングもありながらもやりたいことに挑戦する私を楽しんでいただけたらと思います。ゆるっと、のほほんと見ていただけたら嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事