美 少年・浮所飛貴が“四角関係”で切ない表情魅せる 『胸きみ』場面写真が公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャニーズJr.の人気グループ・美 少年の浮所飛貴が主演する映画『胸が鳴るのは君のせい』(6月4日公開)の新たな場面写真が公開された。浮所演じる主人公・有馬隼人と白石聖演じるヒロインの篠原つかさ、板垣瑞生演じる長谷部泰広、原菜乃華演じる長谷部麻友ら、劇中で“四角関係”を繰り広げるキャストたちの物憂げな表情が印象的なカットとなっている。

【写真】振られてもめげない!健気なヒロインを演じる白石聖

 隼人は、クールでひょうひょうとしていてつかみどころがないけれど、時折見せる優しさや笑顔が魅力的なキャラクター。クラスメイトのつかさに告白され一度は断るも、あきらめず真っ直ぐぶつかってくるつかさの姿に徐々に心を動かされていく。一方でつかさは、有馬にフラれショックを受けるが、その後も変わらない有馬が自分だけに向ける優しさに片想いをやめられず、あきらめないことを宣言。しかし、ライバルの登場で四角関係が勃発…一筋縄ではいかない恋に苦悩しながらも、純粋に有馬を思い続けるピュアで真っ直ぐなヒロインだ。

 そして、有馬とつかさのクラスメイトである泰広は、いつも女子に囲まれているモデル風イケメン。フラれても一途に有馬を好きでい続けるつかさを最初は面白がっていたが、いつも全力で飾らないつかさの姿に触れ、いつしか恋心を抱くようになる。そんな長谷部のいとこである麻友は、お嬢様学校に通う美少女で有馬の元カノ。一度は別れたものの有馬のことが忘れられず、復縁するために再び有馬に近づきアプローチを仕掛ける。

 想い合っているのにすれ違い続ける有馬とつかさ、自分以外に好きな人がいるつかさに恋をする長谷部、別れた元カレの有馬をもう一度取り戻そうとする麻友。真剣な眼差しを見せる4人の姿からは、彼らの恋が楽しいだけではなくほろ苦いものである様子もうかがえる。それぞれの想いを抱えぶつかり合っていく4人。四者四様の恋の形、学生時代の青春ならではのまぶしくも切ない恋が描かれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事