阿部力、アグネス・チャン出演の日中韓合作映画『湖底の空』公開決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年の『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020』で審査員の満場一致でグランプリに選ばれた日中韓合作映画『湖底の空』が、6月12日より新宿K’s cinema(東京)ほか全国で順次公開される。インディペンデント作品ながら、韓国・中国・日本にまたがるロケを敢行した本作。アジア各国に生きる人々に共通する、大切な人を思慕する心を描き、国境のみならず、あらゆる境界を超えて傷ついた人々の心をつなぐ、希望と再生の物語。

【動画】日中韓合作映画『湖底の空』予告編

 中国・上海に暮らすイラストレーターの空は、出版社に勤める日本人の男性、望月と出会う。異郷の地で暮らす二人は、似たような境遇から徐々に距離を縮めていく。そんな空のもとに双子の弟、海(かい)が訪ねてくる。実は双子の間には重大な秘密があった…。

 空と海をひとり二役で演じるのは、韓国インディペンデント映画のミューズ、イ・テギョン(『フィルム・アドベンチャー』)。その二人に振り回される望月役は、ドラマ『花より男子』(TBS、2005年)の美作あきら役で注目を集め、その後、台湾の映画に出演するなどワールドワイドに活躍する阿部力。ほかに日韓で俳優として活躍する武田裕光(『アウトレイジ最終章』『Guest House』)、アグネス・チャン、みょんふぁなどが出演。

 監督は『マレヒト』(1995年)、『L'Ilya〜イリヤ〜』(2000年)、『舌〜デッドリー・サイレンス』(04年)など、インディペンデントで映画を作りづつけてきた佐藤智也が務めた。

 公開に先駆けて解禁された予告編は、美しい湖をもつ韓国・安東(アンドン)で過ごした子ども時代から、成長し上海に移り住んだ空と海の双子が、ある秘密を抱えていることが暗示される内容となっている。

■ストーリー
 日本人の父と韓国人の母の間に生まれた一卵性双生児の姉弟の空(そら)と海(かい)。現在、中国・上海に暮らすイラストレーターの空は、出版社に勤める日本人の男性、望月と出会う。異郷の地で暮らす二人は、似たような境遇から親密な関係を築きつつあった。そんな空のもとに双子の弟、海(かい)が訪ねてくる。海は性別適合手術を受けて女性となり、名前を海(うみ)と変えていた。海は空と望月の恋愛を後押ししようとするが、空は何かに追い詰められ、精神的に不安定になっていく…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事