キンプリ神宮寺勇太、単独MCゴールデン進出 平野紫耀は「よっ! 名MC」 “面白い”に複雑な心境
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アイドルグループ・King & Princeの神宮寺勇太が単独MCを務めるテレビ朝日のバラエティー『名所から一番近い家』。18日の午後8時から放送されるゴールデンSPに、スタジオゲストとして、井浦新、三浦翔平、新川優愛、麒麟・川島明が出演することが発表された。

【写真】神宮寺勇太もテンションが上がるほどの美女のリナさん

 “国民的彼氏”こと神宮寺が初単独MCに挑戦している同番組。日本全国に点在する“名所”から一番近い家に住んでいる人々にスポットを当てた“名所から一番近い物件”だけを扱う不動産会社「名所不動産」を舞台に、社員の神宮寺が、客としてやってきたいとうあさこに日本各地の“名所から一番近い家”を調査して紹介する番組。

 今回のゴールデンSPでは、番組史上初めて『名所不動産』に“ゲスト”が登場。「広島県・厳島神社から一番近い家」「大分県・別府温泉から一番近い家」「山梨県・富士急ハイランドから一番近い家」、そして「沖縄県・与那国島 日本最西端の碑から一番近い家」といった、日本各地の名所から一番近い家を訪れたVTRを楽しむ。

 名所を訪れたロケVTRに登場するリポーターたちにも注目。厳島神社には伊沢拓司が、別府温泉には柳沢慎吾と四千頭身・後藤拓実が、富士急ハイランドにはアンミカと生見愛瑠(めるる)が訪問する。

 そして日本最西端・与那国島を訪れたのは、なんと二度目のロケ参加となる神宮寺。MC自ら現地を訪れ、地元の人々と交流しながら日本最西端の碑から一番近い家を探す。前回は日本最南端を訪れた神宮寺、今回は最西端で一体どんなロケを繰り広げるのか?

 スタジオの井浦、三浦らを神宮寺の“珍MC”で翻弄。バラエティー百戦錬磨の麒麟・川島もタジタジ(?)となった神宮寺とゲストたちのスタジオでのやりとりも見逃せない展開となっている。

■コメント
【神宮寺勇太】回を重ねるごとに収録場所やセットが豪華になり、今回は豪華なゲストの方々まで来てくださって…。それもこれも、視聴者の皆さんがこの番組を楽しんでくださったからだと感謝しています。今回のゴールデンSPでも、皆さんが少しでも「楽しい」という気持ちになってくれたらいいなという思いで頑張りました!

 僕の周りの方やファンの方々にも「いつも見てるよ」と言っていただけたり、僕のMCぶりを「面白い!」と褒めていただくのですが、僕はただ真面目にやっているつもりなので、どこに面白いポイントがあるんだろう…と不思議なんですけどね。

 King & Princeのメンバーにも「『名所から一番近い家』のゴールデンやるんだよ」と報告したら、「すごいね!」「おめでとう!」と喜んでくれました。その後、平野紫耀には、「よっ! 名MC」と雑なイジりをされました…(笑)。いずれはメンバーが番組に出てくれたらうれしいなと思います。

 きょう来てくださったゲストの方々は、初めてお会いする方ばかりだったのですが、僕のつたないMCをトークで助けていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。初めてのことがたくさんあった第4回目ですが、今回のVTRを見て、あらためて日本の広さ、素晴らしさ、そして場所によっての文化の違いを感じましたし、そういった面を見られるのが、この番組の面白さ。そして、その『名所から一番近い家』から見える絶景は、この番組ならではの醍醐味だと思いますので、ぜひ楽しんでいただけたら! 初めてご覧になる方は、僕のつたないMCにも引かずに楽しんでいただけたらうれしいです!

【いとうあさこ】ビルの一室から始まったこの番組が、早くもゴールデンです。もしかしたら4回目でゴールデンということに「早いんじゃない?」という声もあるかもしれませんが、神宮寺先生は、どんなところにいっても神宮寺先生なので、回数や時間帯は関係ないです(笑)。満を持して、日本中の方にこの番組を見ていただけることは非常にうれしいです。

 私は一応、ここ『名所不動産』の常連客という設定で、最初の頃は「きょうのお客様は…」なんて呼び込んでいただいていたんですけど、いつの間にか呼び込まれることもなくなり、最初から自然と隣に座るようになっていますね(笑)。

 今回は私以外にも4名のお客様に来ていただいたわけですが、本当に皆さんには助けていただきました。日本各地の名所の地名が漢字で書かれた紙がセットに貼ってあるのですが、神宮寺くんが回を重ねるごとに読める漢字が増えてきているのは喜ばしいことです。でも10回目くらいで、全部読めるようになっちゃったら、それはそれで寂しいような…(笑)。

 この番組に出てくる名所は、どこも絶対的に素敵な場所、絶景ばかりなので、その風景と、そこで暮らす方々の様子を合わせて楽しんでいただけることは間違いありません! そして、いつも通りの神宮寺先生を楽しんでいただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事