NHKドラマ『きれいのくに』第5話放送 岡本夏美&青木柚ら表現力に称賛の声「芝居がすごい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の稲垣吾郎、女優の加藤ローサが出演するNHKドラマ『きれいのくに』(毎週月曜 後10:45)の第5話が、きのう10日に放送。放送後には、誠也(青木柚)とれいら(岡本夏美)の演技が、若い頃特有の感情の不安定さなどがとてもリアリティーを持って表現できているなど、SNS上では称賛の声が上がった。

【写真】よるドラ『きれいのくに』第2回より。20代の恵理?

 本作は、誰しもが抱える容姿へのコンプレックスにまつわるジュブナイルSFドラマ。ほとんどの大人が“同じ顔”をした不条理な国を舞台にした青春ダークファンタジーで、新進気鋭の劇作家・加藤拓也が脚本を手掛ける。

 主要な登場人物は、元野球部の誠也とその隣の家に住んでいる凜(見上愛)、パパ活をしているれいらとよく周囲を見ている貴志(山脇辰哉)、そして両親が遺伝子操作したことにより子供もながら大人たちと同じ顔をしている中山(秋元龍太朗)らを中心に物語が展開する。

 この日の放送では、誠也は思い切って凜をデートに誘い、約束を取りつける。一方、中山(秋元)はれいらに避けられていることを悩んでいた。れいらは中山の顔を見るとパパ活の客(稲垣吾郎)に襲われたことを思い出してしまうのだが、それを知るよしもない中山は、凜に相談する。その頃、誠也は心身が傷ついたれいらが気がかりで、凜とのデートを断って一緒に過ごすことに。しかし、凜は誠也のウソに気づいて…という展開だった。

 ドラマではパパ活やベッドシーンもあり「これNHKで放送して大丈夫と思える位攻めてますね」「おっとととと、NHKだよね(笑)せめてるわ」などのコメントのほか、生徒たちの会話がナチュラルかつ、今の時代を丁寧に表現しており「先の読めない面白さ、高校生たちの地に足が着いたような演技がすごい。みんな上手い」「高校生の生徒の演技が初々しいくリアル」の声が上がり、中でも、誠也とれいらの演技が、若い頃特有の感情の不安定さなどがとてもリアリティーを持って表現できていることにも「岡本夏美さんの芝居がすごい」「青木くん演技がすばらしい!!」など絶賛の声もあがった。

 第6では、凜は、誠也がれいらと2人で会っているところを目撃し、傷ついていた。さらに顔のコンプレックスの悩みが増大し、法律で禁止されている美容手術に興味を募らせていく。そして“パパ活”を始めて…。その頃、映画監督(稲垣)が新作の撮影のために高校を訪れる。凜はそこにいた女優・安藤(小野花梨)、パパ活の客・千葉(山中崇)との出会いで、禁断の闇世界に足を踏み入れることになり……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事