岡田准一“ファブル”とひらパー“園長”が入れ替わる コラボポスター公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の岡田准一が主演を務める映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が6月18日に公開。これを記念して、岡田がイメージキャラクター『超ひらパー兄さん』『園長』を務める大阪・枚方市の遊園地・ひらかたパークのコラボレーションポスターが、同所の公式サイトにて11日から公開された。

【写真】車椅子での演技に臨む平手友梨奈のメイキング写真

 これまでも岡田主演の映画公開に合わせて実施してきたコラボポスターでは映画タイトルとビジュアルをパロディ化。その第11作目となる『ザ・イレカワル』では岡田が劇中で演じた“ファブル”こと佐藤アキラと岡田園長入れ替わるという不思議な現象が発生。これまで平行世界にあった映画ポスターとひらパーポスターの時空の壁をついに超えることになった。

 だが、添えられたコピーをよく読むと“再度の戻しや、再三のディスカッション―大して浮かばず、今回はこれ”“ハードな案件×企画困難プロモーション”と自虐的な文言が。この入れ替わり現象の真の原因は、新しいパターンを無理やりやろうとした苦肉の策だったことが伺える。9月12日までサイト内に掲載。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事