A・ホプキンスだけじゃない、ネクストブレイク女優イモージェン・プーツに注目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『第93回アカデミー賞』で、脚色賞(クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール)、主演男優賞(アンソニー・ホプキンス)の2部門での受賞を果たした映画『ファーザー』(5月14日公開)。記憶が薄れ始めている81歳の主人公アンソニーを演じる現在83歳のアンソニー・ホプキンスのオスカーに恥じない名演技に注目が集まる本作だが、アンソニーの介護人ローラを演じるイモージェン・プーツもネクストブレイク必至の存在感と実力を示している。

【動画】楽しい一時をぶち壊すアンソニー老人

 本作は、世界30カ国以上で上演された傑作舞台の映画化。誰にも訪れる人生の夕暮れと揺れる親子の絆を見つめた感動の物語。父親役のA・ホプキンス、『女王陛下のお気に入り』のオスカー女優オリヴィア・コールマンが、愛する父の変化に戸惑い悩む娘アンを繊細に演じる。監督は原作舞台を手掛けたフロリアン・ゼレール。長編初監督にして、現実と幻想の境界が曖昧になっていく父の視点で描かれる、これまでになく画期的な表現を実現させた。

 このたび、アンソニーと介護人ローラ、娘のアン、3人のシーンの本編映像が解禁された。リビングでくつろぐ3人。ローラから何の仕事をしていたかを尋ねられたアンソニーは、「ダンサーだった」と答えるが、アンから「お父さん、エンジニアでしょ」と訂正をされる。

 すると「知らないくせに。タップが売りだった」とアンソニーは続け様に言い、驚くローラに向けて「信じないか? 今でも踊れるんだよ」と茶目っ気たっぷりに突然、タップを踊り出す。アンソニーの不意のおどけたダンス姿に思わず笑い出すローラ。それにつられアンソニーも上機嫌になり「最高だな」と一言。

 アンソニーはそんなローラの姿を見て、「下の娘のルーシーの若い頃にそっくりだな。どうだね?」とアンに問いかける。「そうかも」と答える複雑な表情のアン。笑い続けるローラに向かってアンソニーは、「意味もなく愚かに笑うところがそっくりだ。してやったな」と暴言とも取れる言葉を吐き、ローラは表情をこわばらせ、アンも複雑な表情に。アンソニーの真意は何なのか。楽しい時間から突如一転、なんとも居心地の悪い空気が流れる。

 プーツは、1989年6月3日、イングランド・ロンドン生まれ。傑作ホラー『28週後…』(2007年)で注目され、『グリーンルーム』(15年)、『バーバラと心の巨人』(17年)、マーク・ラファロ主演の人気ドラマ『ある家族の肖像/アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー』(20年)などに出演。最近では『ビバリウム』(19年)の出演が記憶に新しい。またソフィア・コッポラ監督が手がけたH&Mのプロモーションビデオにも出演するなど、ファッション業界でも活躍を見せている。

(C) NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事