活動自粛の有村昆、レギュラーラジオ相次ぎ降板 女性問題の報道受け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で女性問題を報じられた映画コメンテーターの有村昆(44)が、レギュラーを務めるTBSラジオ『地方創生プログラム ONE-J』(毎週日曜 前8:00)を降板することが発表された。また、水曜コメンテーターを務める静岡・SBSラジオ『内山絵里加のふくわうち』(月~金 後1:00)も降板することが同局への取材でわかった。

【写真】丸岡いずみ、夫・有村昆のほっぺにチュー

 同日、有村は所属事務所を通じ芸能活動自粛を発表していた。『ONE-J』の公式ツイッターでは「本日発売の写真週刊誌で、番組出演者の有村昆さんに関する報道がありましたが、これを受け有村昆さんは、当番組から降板することが決定しました。番組を楽しみにして頂いているリスナーの皆様にお詫び申し上げます」と伝えた。

 『FRIDAY』では、有村が緊急事態宣言下の4月下旬に女性とホテルで密会していたことなどが報じられていた。

 有村はフリーアナウンサーの丸岡いずみと2012年8月に結婚。18年1月には海外で代理母出産により男児が誕生している。昨年7月には、プロデュースを担当していた舞台『THE★JINRO』で新型コロナウイルスのクラスターが発生し、自身と丸岡が感染していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事