千眼美子、“セーラー服”姿に照れ「これで最後かな?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の千眼美子(26)が14日、都内で行われた映画『美しき誘惑-現代の「画皮」(がひ)-』の初日舞台あいさつに出席した。

【集合ショット】長谷川奈央、永島敏行らとともに登場した千眼美子

 「九尾の狐」伝説をモチーフとした本作。誰もが振り向く美しさを備えるも、その正体は「九尾の狐」に取り憑かれた妖魔・山本舞子を長谷川奈央、そんな舞子に心を奪われるが、あるきっかけで舞子の裏の顔に気づいてしまい、悩み葛藤する将来の総理大臣候補・塩村太郎を市原綾真が演じ、2人とも映画初主演でW主演を務める。

 太郎の幼なじみ・松田佳代を演じた千眼は「今回はとにかく、長谷川さんが演じる舞子とは対象的な役だったので、裸一貫で『よく笑おう!』と心がけて楽しみながら撮影をしていました」と回顧。

 劇中でセーラー服姿を披露していることについては「26歳になったので、ちょっともうそろそろ…(笑)。これで最後かな? と思いながら撮影をしていました。いい思い出ができて楽しかったです」と笑う。客席から称賛を込めた拍手が送られると「ありがとうございます! 皆さまの慈悲を胸に…」とほほ笑みながら感謝していた。

 また、W主演を務めた長谷川は「この映画を通して人や物の本質を知ることの大事さを気づかせていただきました。ぜひ一人でも多くの方に観てもらいたいです」とアピール。市原も「公開自体ができるか不安でした。こうしてお客さまが集まってくれた光景を目の当たりにして、改めて感激しています」と封切りを喜んでいた。

 舞台あいさつにはそのほか、芦川よしみ、永島敏行、赤羽博監督が出席した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事