King & Prince神宮寺勇太、与那国島で最西端の“キンプリファン”に遭遇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・King & Princeの神宮寺勇太が、MCを務める18日放送のテレビ朝日系バラエティー『名所から一番近い家』(後8:00)。番組初となるゴールデンSPでは、神宮寺が、『沖縄県・与那国島 日本最西端の碑から一番近い家』を目指して日本最西端・与那国島を訪れる。ロケでは「色んな絶景も見られたけど、これが一番うれしい!」という最西端のキンプリファンの住人にも遭遇。一体、どのメンバーのファンなのか。神宮寺が聞いてみる。

神宮寺勇太のテレビ出演歴

 日本全国に点在する“名所”から一番近い家に住んでいるのはどんな人々なのか。“名所から一番近い物件”だけを扱う『名所不動産』が、選りすぐりの物件を紹介する新感覚バラエティー。

 台湾までおよそ111キロの距離という国境の島・与那国島。日本の一番西にあることから「夕陽が最後に沈む島」として有名で、同じ沖縄の離島とはまた違った独自の文化や生き物が生息する。そんな与那国島の、日本最西端の碑がある西崎(いりざき)から一番近い家を目指し、歩き始めた神宮寺だが、気温27度の中、3ピースのスーツでのロケは想像以上の暑さで…。

 さらに、生き物がちょっぴり苦手な神宮寺に、さっそく試練(!?)が襲いかかる。なんと神宮寺が歩いている歩道に、驚きの生き物が…「ちょ、ちょ、ちょ、ちょ、待って!」「僕、いま焦っちゃっています」と、かつてないほどの動揺ぶりをみせる。

 その後、最西端の地に住む住人に出会った神宮寺は「夏場は夜8時まで明るい」「西日が強すぎて目が開かない事もある」など“一番西”ならではの驚きの暮らしが明らかに。
さらに、年に数回見えるという「地平線でなく台湾に沈んでいく夕陽」など一番西の住人だから知る絶景も教えてもらう。

 前回放送時は日本最南端の有人島・波照間島を訪れた神宮寺。今回の与那国島でのロケ中には、その時のオンエアを見たと言ってくれた住人の方もいたとか。神宮寺は「『いつかここにも来てくれないかな』と待ってくださっていたと聞いて、うれしかったです。今回もこんな僕が来ても歓迎してくれた与那国島のみなさんにはとても感謝しています」と真摯な思いを語った。

 そして「この番組での神宮寺先生のロケは、マルとかバツではないんですよね」と、いとうあさこ。「そういう意味では今回も“これが神宮寺勇太だ”というものが見せられているのではないかと思います」と自信満々に勧める神宮寺のロケに注目だ。ほかにも番組では、世界遺産・厳島神社、別府温泉、富士急ハイランドなど、魅力あふれる日本の名所から一番近い家を徹底調査する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事